天気予報

23

16

みん経トピックス

今秋、栄に最大級のロボットミュージアム-日本初

今秋、栄に最大級のロボットミュージアム-日本初

「ロボットミュージアム in 名古屋」イメージパース

写真を拡大

 不動産開発などを手掛けるアイディーユー(大阪府大阪市)は6月29日、中区錦のJETORO輸入車ショールーム跡地に、日本初となる「ロボットミュージアム」を今年10月にオープンすると発表した。

 同館は、ロボットビジネスに力を入れているベンチャー企業、ジャイロウォーク(大阪市)と共同で開発する。ジャイロウォークは昨年10月、大阪市内にロボットカフェ「ROBO CAFE」(大阪市)をオープンさせておりロボットと共存するスペースを提案する場として好評だという。

 2階建て、約788坪の館内は、ロボットミュージアム「ROBOTHINK(ロボシンク)、ロボットの百貨店「ロボット未来デパートメント」、近未来型・室内空間の演出を提案する「インポートインテリアショップ」、ロボットとの共存を再現した「ロボットカフェ」の4エリアで構成される。

 「ROBOTHINK」では、アートやデザインなどの切り口から見たロボットを紹介するほか、「ロボット未来デパートメント」では、世界から集めた最新テクノロジーを使ったロボットや大人のための高性能ホビーロボット、子供も楽しめるロボットトイなどを販売する。

 アイディーユー担当者は、「カフェでは、ロボットがお茶を運んだり、お掃除ロボットが店内を掃除していたりと、ロボットをより身近に感じて楽しんでもらえる空間を提案する。同時にロボットの販売も行うため、ショールーム的要素も兼ねたスペースになる」と話している。また、名古屋で最初にオープンさせることについては「トヨタがあり、万博も開催された愛知県はロボットをより身近に感じてもらえる地域だと考える。まずは名古屋で成功させ、他のエリアでの展開に広げていきたい」という。

アイディーユージャイロウォーク

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング