天気予報

10

6

みん経トピックス

愛知のアーティスト作品展「セグウェイ」試乗イベント

ハンバーガー激戦区、大須にアメリカンスタイルの新店

  • 0
ハンバーガー激戦区、大須にアメリカンスタイルの新店

アメリカンハンバーガーショップ「K’s Pit DINER」店内

写真を拡大 地図を拡大

 アメリカンハンバーガーショップ「K’s Pit DINER(ケーズピットダイナー)」(名古屋市中区大須3、TEL 052-242-6161)が2月8日、大須にオープンした。

 「アメリカの大衆食堂」がコンセプトの同店の店舗面積は約8坪で15席を設ける。店内のインテリアや壁面はすべて、アメリカ製のオーダーメードだという。同店は約6年前から半田で運営している店舗の2店目。

 出店場所を決めるのに1年以上をかけたという同店オーナーの大村さんは「もともと個人的に大須という街が好きだった。栄エリアとは違う人の温かさがある街だと感じていたので、出店するなら大須にしようと思っていた」と話している。また、「本来のアメリカンダイナーは朝早くオープンし、夜は遅くまで営業をせず、日本でいう『喫茶店』のような役割をしている。半田の店は夜中心の営業をしているが、名古屋では昼中心の本来の姿のアメリカンダイナーができると思い出店を決めた」とも。

 主なメニューは「ハンバーガー」(650円)、「ベーコンチーズバーガー」(800円)、「ロコモコ」(850円)、「フライドポテト」(350円)など。テイクアウトも可能。その他ビールなどのアルコール類も提供する。

 佐世保バーガーをはじめ、大須にはハンバーガーを提供する人気店が多いことについて大森さんは「今後も様々なハンバーガーショップができて、大須のひとつの名物のようになっていくと面白いのでは」と話す。営業時間は11時~21時。不定休。

K’s Pit DINER

グローバルフォトニュース