学ぶ・知る

大須で政治家と若者の意見交換イベント 「ぶっちゃけ選挙で何が変わるの?」

東京で開催した現役議員と若者の飲み会「居酒屋ivote」の様子

東京で開催した現役議員と若者の飲み会「居酒屋ivote」の様子

  •  
  •  

 若者と政治家をつなぐイベント「ぶっちゃけ選挙で何が変わるの?政治家と若者の意見交換会」が5月23日、大須のコワーキングスペース「minna no kaisha」(名古屋市中区大須4)5階イベントスペースで開催される。一般社団法人オール・ニッポン・レノベーション(千葉県夷隅郡)と学生団体ivoteの共催。

 これまでに現役議員と若者の飲み会「居酒屋ivote」を東京で23回、愛知では8回開催してきたivote。副代表の別木萌果さんによると、「政治とかちゃんと考えたことなかった」「政治家って悪いイメージ」と話していた参加者の学生からも「政治家のイメージが変わった」「自分の素朴な疑問とかも大事なんだなと思った」などといった声が上がり好評だったという。

[広告]

 選挙前の立候補予定者が参加するイベントは今回が初めて。別木さんは企画のきっかけについて、「この春の統一地方選の際に友人から『名前と顔写真と抽象的な政策だけで投票先を判断できない』『そもそも4年前と何が変わったの?』という声を多く耳にした」と話す。「実際に名古屋市議会議員選挙(2019年4月)の投票率は32.87%で過去最低。選挙に出て政治を変えたい方々と、政治への希望が持てない若者で選挙の意味を考えるイベントにしたい」と意気込む。

 当日は、候補予定者・議員と参加者とで「なぜ投票に行かないのか」「自分の一票で何が変わるのか」といった若者にとって選挙や投票がどのような存在なのか、「若者は今後どのように選挙や政治に参加していくべきか」などグループディスカッションを行うほか、ディスカッションを通じて思った今後の選挙との関わり方などのメッセージを候補予定者・議員に託すプログラムも行う予定。登壇する政治家は与野党問わず立候補予定者や地方議員に声を掛け、現在調整中。

 対象は、中学生・高校生、大学生、20代の若い人。開催時間は18時~20時。参加費は500円。定員は20人(先着順)で、申し込みはウェブサイトのフォームで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加