天気予報

18

7

みん経トピックス

夏休みの名古屋情報フリペ栄の人気セレクト店が姉妹店

大須で「世界コスプレサミット」-世界13カ国からコスプレイヤー参加

大須で「世界コスプレサミット」-世界13カ国からコスプレイヤー参加

大須商店街で行われた昨年のコスプレパレードの様子。写真提供:テレビ愛知

写真を拡大 地図を拡大

 世界13カ国からコスプレイヤーが一堂に会する「世界コスプレサミット2008」が8月2日・3日、大須商店街(名古屋市中区大須)とオアシス21(東区東桜1)で開催される。参加国は、ブラジル、中国、デンマーク、スペイン、フランス、日本など。主催はテレビ愛知。

 「世界コスプレサミット」は、日本マンガ・アニメーションの海外での人気を日本人に紹介するとともに、「日本のかっこよさ」や「すばらしい日本文化」であることを伝えるために2003年秋にスタート。2004年には、さらに多くの人に見てもらうために「コスプレパレード」も開催した。

 大須商店街を練り歩く「コスプレパレード」(2日)は、世界13カ国の代表コスプレイヤーに加え、一般のコスプレイヤーも参加可能。申し込みは不要で、コスプレ衣装に着替えテレビ愛知前に集合。テレビ愛知内に一般向けの更衣室も設ける(男性=30人まで、女性=100人まで)。飛び入り参加もでき、「行列を見つけてコスプレ姿で列に加わってもらえればそれでOK」(テレビ愛知広報の加藤さん)。パレードは、大須商店街・仁王門通り~東仁王門通り~新天地通り~万松寺通りを巡り、大須観音に向かう。そのほか大須観音境内でミニステージも展開。

 「世界コスプレチャンピオンシップ」(3日)は、各国2人1組(日本は東京・大阪で選出された2組)がオアシス21内の会場で、衣装、パフォーマンスに加え、どれだけマンガ・アニメーションの世界を忠実に再現できているかを競い、優勝、準優勝、特別賞を決める。「参加者は、優勝することだけが目的ではなく、それぞれがいかにいい表現をするかを楽しんでいる」(同)。3日10時から指定観覧席(約700席)の整理券を配るが、席以外からの観覧は自由。昨年の観覧者数は累計1万人。

 加藤さんは「格段にクオリティーが高くなっている。イベントの様子を動画サイトなどで見て勉強して、前年の傾向と対策を持って参加してきているようだ」と最近の傾向について話す。

 開催時間は、コスプレパレード(2日)=16時~、世界コスプレチャンピオンシップ(3日)=18時~。

「秋葉原観光案内所」アニメセンターに限定開設-外国人対応も(アキバ経済新聞)シンガポール初の大規模「コミケ」-トーフ親子、コスプレーヤーも(シンガポール経済新聞)手ぶらでコスプレ-アキバでコスメーカー主催のイベント(アキバ経済新聞)世界コスプレサミット2008

グローバルフォトニュース