天気予報

7

6

みん経トピックス

日食観望会に2,000人栄にイタリア郷土料理店

名古屋・栄4~5丁目で月1回の清掃活動-ショップスタッフら中心に

  • 0
名古屋・栄4~5丁目で月1回の清掃活動-ショップスタッフら中心に

7月21日のゴミ拾いに参加したみなさん

写真を拡大 地図を拡大

 名古屋・栄4~5丁目の活性化を目的とした集まり「栄4~5丁目 散歩廻(さんぽかい)」が中心となり、月1回定例で行なっているゴミ拾い活動が7月21日、同エリアで行われた。

 同活動は昨年8月から開始しているもので、毎月第3火曜日の朝9時から活動している。「活動させてもらっているこの街に、何らかの形で感謝の気持ちを返したい」と自然発生的に始まった同活動。現在、ショップスタッフのほか、各店の利用客や地元議員、老舗店オーナーなど多くの人が参加するようになった。

 当日は「散歩廻」代表の武山さんがオーナーを務める5丁目のセレクトショップ「タイムフォーリヴィン」(名古屋市中区栄 5)前に集合。自己紹介の後、ゴミ袋やトング、ほうき、ちりとりなどを手に思い思いの場所を約1時間かけて清掃した。

 「最初はゴミ拾い活動を敬遠していたショップなども、現在では賛同してくれている」と武山さん。「ゴミを拾い始めるとだんだんと没頭していき、楽しみながら、かつ集中して清掃している。ある意味フルーツ狩り感覚に近い」とほほ笑む。当日参加した男性は「自分はこの街で仕事をさせてもらっているので、街がきれいになるこうした活動はとても良いこと」と振り返る。夏休みを利用して参加していた7歳と6歳の兄弟は「タバコの吸い殻を140個も拾った」と話していた。

 ウェブでの情報発信やイベントなどを中心に活動する「散歩廻」。1日に約2,000人のアクセスがあるとうサイトも7月にリニューアルし、情報発信を強化する。「地域を盛り上げて行くためには、商売敵がどうこうという話は意味がない。同業でも関係なく仲良く協力し合っていくことが、地域の活性化につながると信じている」と話す武山さんの言葉は力強い。

 「自分たちの活動は、特に自分と同世代の30代後半~40代に注目してもらっているようだ」と武山さん。「新聞を読まなかったり、政治や街づくりなどに興味を持たない若い人たちも、自分たちのブログは見ていてくれたりする。そうした若い人に向けても良い情報発信の場、問題提起の場になれば」とも。

 次回の清掃活動は8月18日午前9時から。参加自由。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング