天気予報

29

18

みん経トピックス

栄に280円均一の居酒屋品川ヒロシさんが新刊発売

名古屋名物「大須ういろ」、季節の新作を初めて発表-直営茶房で

  • 0
名古屋名物「大須ういろ」、季節の新作を初めて発表-直営茶房で

写真=和三盆のモンブラン氷

写真を拡大 地図を拡大

 大須ういろが運営する茶房「緋毬(ひまり)」(名古屋市中区栄3、TEL 052-961-6082)は9月11日、秋の新作発表会を開催した。季節になぞらえた新作を発表するのは今回が初めて。

 4月に栄地下街にオープンした同店は、大須ういろの新ブランドとして展開。シックでモダンな印象の店内では、ういろをアレンジした新たな和菓子の提案を続けている。

 当日は十五夜と十三夜のお祝いにちなんだ和菓子5種類を発表。店内には和菓子職人のほかに、洋菓子パティシエもいるため、新作は和洋を織り交ぜた菓子の数々が並んだ。

 主なメニューは、サツマイモやウサギ、月をモチーフにしたういろ製のお菓子「十五夜『お月見ういろ』」(1,260円)、寒天のお菓子「薄氷寒」(650円)、米粉の風味を生かし、新しい食感を追究したういろ「ゆららういろ」(600円)、栗をふんだんに使ったマロンクリームのかき氷「和三盆のモンブラン氷」(800円)の4種類。今後も季節ごとの新作を発表していく予定だという。

営業時間は10時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング