天気予報

29

17

みん経トピックス

CFサイトで携帯非常食提案名古屋歴史ナイトが即完売に

栄にゲストハウスがオープン-多様な宿泊形態に対応、交流スペースも

  • 0
栄にゲストハウスがオープン-多様な宿泊形態に対応、交流スペースも

栄にオープンした「名古屋トラベラーズホステル」

写真を拡大 地図を拡大

 栄に2月16日、旅行者向けのゲストハウス「名古屋トラベラーズホステル」(名古屋市中区栄4、TEL052-251-5541)がオープンした。

さまざまな宿泊形態が選択可能

 経営は同事業を始めるため設立した「BPH」。店舗面積は42.35坪。地下1階から4階までの5フロアで74床を備える。ツインルーム、シングルルームの個室や、グループ(3~8人)で滞在する多人数個室、旅行者同士が相部屋で利用する「ドミトリー」などさまざまなタイプの部屋を用意。ドミトリーは男女混合と女性専用の2種類がある。

 同店PRマネジャーの土屋梨佳さんは「多様化する旅行者の要望に応えられるよう、いろいろな宿泊形態が選べるようにした。一人旅のバックパッカーや友達同士の旅行まで、人数や目的、予算に合わせて選べるはず。栄には多くのホテルがあるが、このようなスタイルのゲストハウスはあまり無かった。通常のホテルに比べて、かなり経済的な料金設定なので、仕事で滞在する方にも利用していただけたら」と話す。

 同店アドバイザーの内山さんは、自身が何度も海外のゲストハウスに滞在した経験を持つ。「実体験で良かったと感じたことを提案している。多人数個室は、扉の設置や解除で2つに分けることができるコネクティングルーム。宿泊者が自由にくつろいだり、キッチンを使ったりできるコモンルームは24時間利用できる。そこには大きな栄近辺の地図が掲示してあり、スタッフや利用者がおすすめの情報を書き込める。利用者の意見を積極的に取り込んで、どんどん良いホステルになっていけたら」と話す。

 土屋さんは「名古屋は多様な価値観がある街で、観光、ショッピング、ビジネス、イベントへの参加など、さまざまな目的で多くの人が訪れる。低価格にすることで旅行者にできるだけ長く街の魅力に触れてもらえるようになり、緩やかな交流スペースを作ることで新しい楽しみ方を見つけてもらえる。日本人、外国人を問わず、名古屋に滞在する方の交流と発見の場になれば」と期待を込める。

 受付時間は8時~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング