天気予報

7

6

みん経トピックス

栄東地区にイルミネーションコトノハなごや入賞作発表

名古屋・栄のギャラリーで美術家・森村泰昌さん個展 アート作品販売も

名古屋・栄のギャラリーで美術家・森村泰昌さん個展 アート作品販売も

現代美術家・森村泰昌さんの個展「モリーダ・カーロの青い家」会場のようす

写真を拡大 地図を拡大

 昨年7月にオープンしたギャラリー「FOCUS ROCK STUDIO & gallery」(名古屋市中区栄5、TEL 052-718-5605)で現在、現代美術家・森村泰昌さんの個展「モリーダ・カーロの青い家」を開催している。

フリーダ・カーロへのオマージュ作品「赤い靴」

 森村さんの手掛ける「マルチプル作品(作家の指示のもとに量産された美術作品)」100種類を100エディション制作するプロジェクト「MoriP100」の一環。同プロジェクトではさまざまなテーマを設定して作品を制作しており、第一弾はアンディ・ウォーホールを題材に作成した。今回展示する第二弾では、女性画家フリーダ・カーロを題材に取り上げる。

 通常の美術展示では1点の作品展示を見ることが主になるが、今回はマルチプル作品であるためそれぞれ手頃な価格で販売も行う。

 同ギャラリースタッフの羽田さんは「美術館の展示は1対1でアート作品と向き合うが、今回はお金を払うという行為でアートに参加することができる。こうした量産型のプロダクトの場合は、作家の手を離れて企画されることが多いが、今回は森村さんがきちんとディレクションしており、それぞれにシリアルナンバーが付いているので、世界に一つだけの作品として手元に置いてもらえる」と話す。

 同ギャラリーがある栄5丁目は、セレクトショップやカフェなどの路面店が軒を並べるエリア。羽田さんは「森村泰昌さんを知らない人にも、ショッピングや散歩の中でふらっと立ち寄って、洋服を選ぶような感覚でアート作品を選んでもらえたら」と来場を呼び掛ける。

 主な販売作品は、モリーダ缶バッジ&ミラー(3,500円)、赤い靴(7,300円)、心臓のシャツ(20,000円)、生命万歳[お皿とお菓子](23,000円)、痛覚の首飾り(47,000円)、皮膚を着る(120,000円)、特別パッケージ:モリーダ・カーロの青い家(300,000円)など。

 同ギャラリーオーナーの秦 義之さんは「自分がカメラマンとして写真の仕事をしている流れから、写真家の展示が多いが、現代アートなど、今後も自分たちが心から素晴らしいと思う作家を、写真に限らず紹介していきたい。作家と触れ合う機会を作ることもテーマにしているので、気軽に遊びに来てほしい」と話す。

 営業時間は13時~19時。入場料は500円(同展期間中のみ)。12月3日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング