見る・遊ぶ 暮らす・働く

栄のサウナラボがリニューアル ワークスペースや男性専用ロフトサウナ

新設したビッグテーブルなどを置くワークスペースと、木でできた山型のスペース(奥)など設けるマウンテンライブラリー

新設したビッグテーブルなどを置くワークスペースと、木でできた山型のスペース(奥)など設けるマウンテンライブラリー

  •  
  •  

 栄のフィンランドサウナ施設「サウナラボ」(名古屋市中区栄3、TEL 052-238-2131)が4月1日、ワークスペースや男性専用サウナ、キッズスペースなどを新たに備えリニューアルオープンした。

短時間利用を想定した男性専用のロフトサウナ

 フィンランドサウナは室温100度前後の日本式サウナとは異なり、60~70度。アロマ水を熱した石にセルフで掛け蒸気を立たせ、自分でコントロールできる。同店は2018年4月にオープン。フィンランドサウナがある暮らしを「実験・研究」し、提案している。サウナに苦手意識を持つ女性を中心に展開している。

[広告]

 マネジャーの宮下清次さんは「フィンランドでは日常生活の一部にサウナがある。全身を温めながら家族や友人と会話を楽しみ、仕事の合間にサウナを利用しリラックス、リフレッシュして過ごしたりする」と話す。店内は「街の中でも自然を感じられる」ように木材を多く使ったデザインでサウナルームも山小屋のような風貌。ミントサウナやヴィヒタのあるサウナ、1人専用のサウナ、0度のミストサウナなどを設けるルーム「ラピンマウンテン」(女性専用)、複数人収容できるサウナルームとマイナス25度のアイスサウナを設ける「フォレストサウナ」などがある。

 新設したのはデスクワークなどができるビッグテーブルや半個室などを備えたワークスペース、木でできた山型のスペースや、寝そべって休憩できるロフト(3~4人収容)を備えたマウンテンライブラリー、短時間利用を想定する男性専用のロフトサウナ(1階=3人、2階=1~2人収容)、おもちゃや絵本などを置き子どもを遊ばせることができるキッズスペース。

 「テーブルで仕事をし、すぐ近くにサウナがある。服のままさくっとサウナを利用したり、ポンチョに着替えてゆっくり楽しんだり。お子さま連れグループやファミリーで来店し、子どもはキッズスペースで遊ばせておいて交代でサウナを利用しリラックスしたり…。サウナを身近に感じ利用してほしい」と宮下さん。

 利用料金は2,700円。サウナポンチョ、ハット、サンダルなどを用意する。コーヒーや紅茶、ハーブティーなど無料提供するほか、有料で食事やスムージーなども提供する。

 営業時間は11時~19時。フォレストサウナは、11時~16時30分=女性専用、17時~18時30分=男性専用。19時~21時の間は3人以上のグループでフォレストサウナ・アイスサウナを貸し切り(1人2,700円、要予約)にできる。

  • はてなブックマークに追加