食べる 買う

栄に商業施設「BINO栄」11月6日開業へ 名古屋初の高級時計店や飲食計16店出店

11月6日に開業する商業施設「BINO栄」外観イメージパース

11月6日に開業する商業施設「BINO栄」外観イメージパース

  • 36

  •  

 パルコ(東京都渋谷区)は11月6日、栄エリアに商業施設「BINO栄(ビーノサカエ)」(名古屋市中区錦3)を開業する。

「BINO栄」館内イメージパース

 場所は建て替え工事が進む「日本生命栄ビル」跡地で、広小路通と大津通が交差する立地にエントランスを構える。栄の地下街「サカエチカ」とも直結する。

[広告]

 「BINOシリーズ」は大丸松坂屋百貨店不動産事業部が開発してきた施設ブランドで、美しさを中から外からサポートする館を目指し「美と健康」を開発コンセプトとする。現在、東京・銀座、御徒町、京都・東洞院に展開している。4館目の「BINO栄」は9月1日にパルコに事業移管された。

 地下2階・地上6階建てで、敷地面積は約1080平方メートル、延べ床面積は約6340平方メートル。投資額は約3億円。16店舗が入る。

 物販は、1階=ロレックス正規品専門店「ロレックス ブティック レキシア」、スイス製高級時計ブランドの「IWC」と「ウブロ」が名古屋初出店、2階=ニューヨーク発のジュエリーブランド「ラザール ダイヤモンド」、3階=ソニー製品の販売・ショールーム「ソニーストア」、4階=バレエ・ダンス用品の「チャコット」がショップとスタジオが隣接する店舗をオープンする。地下2階=ドラッグストア「スギ薬局」が入る。

 飲食は、2階=「珈琲所 コメダ珈琲店」、5階=すし店「寿し 向月」、うなぎの老舗卸問屋が手掛ける「うなぎ四代目菊川」、飛騨牛の焼き肉・しゃぶしゃぶ・すき焼きを提供する「飛騨牛一頭家 馬喰一代」、地下1階=みそ煮込みうどん専門店「山本屋本店」、ラーメン・どんぶり・甘味を提供する「名古屋コーチン 麺・甘味 とりしげ」、揚げたてのえびを「秘伝どてみそ」に付けて味わう料理の「海老(えび)どて食堂」、カレーライス店「CoCo壱番屋」とあんかけスパゲッティ店「パスタ・デ・ココ」が出店する。

 同施設関係者は「栄地区では名古屋めしの個店が点在しているので、集積しているこの施設は旅行者には重宝されるのでは」と話す。

 2階には旅行サービスを提供する「JTB」が入る。

ピックアップ

Stay at Home