栄の中心エリアでイルミ点灯-ビルオーナーも世代超え参加

イルミネーションの下で談笑する思い思いの格好の参加者

イルミネーションの下で談笑する思い思いの格好の参加者

  • 0

  •  

 栄エリアの中心にある池田公園(名古屋市中区栄4)で11月21日、クリスマスライトアップの点灯式が行なわれた。主催は、栄4、5丁目の住民や、レジャービル協会、職域が組織するまちづくりの会で構成された「栄東まちづくりの会」。

 同公園では、4~5丁目のビルオーナーなどの関係者が公園を「情報発信の場」とし、「このエリアのことをより多くの人に知ってもらおう」と夏祭りや防災訓練、イルミネーションイベントなどを通年で行なっている。また、地域一丸となって落書き消しなどの活動も行なっている。

[広告]

 今年で7回目を迎えるイルミネーションイベントには、中区篠田陽子区長や中消防署長らが来場しコメントを寄せた。篠田区長はあいさつで「みなさんの努力により環境も良くなり、きれいな街になった」と話した。

 平年の平均を下回る気温となった当日は、ピカチュウやメード、サンタクロースやトナカイなどのキャラクターに変装した組合幹部の姿も。「多くの人たちに楽しんでもらえれば」と、ワインや焼酎、豚汁、おでんなどを提供し、寒さを吹き飛ばす元気さで率先して会場を盛り上げていた。また、栄5丁目出身の歌手、SAKURA晴歌(サクラハルカ)さんのライブや、近隣のセレクトショップなどの関係者らも参加したDJプレイやバンド演奏なども繰り広げられた。バンド演奏の終盤では、人気バンド「TURTLE ISLAND(タートルアイランド)」のドラマー・竜巻太郎さんも飛び入り参加。70歳代のビルオーナーが竜巻さんに駆け寄り声援を送る姿も見られた。

 栄東まちづくりの会の丹下副会長は「4~5丁目には、商業ビル、ホテルなどもあれば住宅もある。商業だけなどどれかひとつに偏るだけでは街全体のバランスが保てない。住民も含め地域が一丸となって街を良くしようとする気持ちを持って行動することで、結果として地域全体を良くし、繁栄し、後世にもつながっていく」と話す。5丁目のセレクトショップ「T.F.L(ティーエフエル)」の武山さんは「急きょイベントの手伝いをすることになったが、このエリアを盛り上げて行くイベントに参加できてうれしい。もっと多くの人にこのエリアの良さを知ってもらいたい」とも。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース