プレスリリース

名古屋市とNPO法人Kids Future Passport、こどもごちめしを通して子どもの貧困対策に関する協定を締結

リリース発行企業:NPO法人 Kids Future Passport

情報提供:

地域の飲食店を起点に持続可能なこども支援を実現する「こどもごちめし」を運営するNPO法人Kids Future Passport(キッズ・フューチャー・パスポート / 代表理事:今井了介)は、11月25日(土)に名古屋市と連携し、こどもごちめしを通して子どもの貧困対策に関する協定を締結しました。名古屋大須商店街を中心とした店舗で利用可能にすることで、地域に根差したこども支援を開始します。




具体的な連携の取り組み
名古屋市とNPO法人Kids Future Passportは、「こどもごちめし」を通じて、貧困の状況にある子どもに、十分な食事機会がいきわたる環境整備が推進されることで、すべての子どもたちの健やかな育ちに資す
ることを目的とした協定です。
また、大須商店街の特設サイトより、寄付をしていただくことも可能です。
名古屋市での「こどもごちめし」展開の広報支援(周知・広報をはじめとする各種協力)、特設サイトでの連携を名古屋市と連携して行ってい来ます。



今後の取り組み
名古屋市とKids Future Passportは、この協定により、こどもの生活を豊かにすると共に、まちの飲食店様にとっても経済の活性化を目指します。
11月25日の協定式以降、協定式会場である大須商店街を中心に名古屋市全体での展開を予定。

■次世代こども食堂「こどもごちめし」とは

「こどものために・未来のために。こどもと地域をつなぎ、ささえる」を理念として設立したNPO法人 Kids Future Passport(キッズ・フューチャー・パスポート)が運営する、次世代型こども食堂です。

当団体は、すべてのこどもの健やかな成長を見守る持続可能な仕組みで、隠れ貧困やこどもの孤食問題の解決を目指します。
飲食店を利用することにより、こども食堂が直面する人手・資金・場所の問題をクリアし衛生面の心配も不要となり、運営を持続しやすいのが特長です。
また、飲食店は登録料やシステム料など手数料なしで導入でき、売上を向上できるため、こどもの食事が地域活性化につながります。
※「こどもごちめし」をに関する導入・支援・取材に関するお問い合わせはこちら
https://kids-future-passport.org/contact

■NPO法人 Kids Future Passport(キッズ・フューチャー・パスポート)概要             
団体名称:NPO法人 Kids Future Passport(キッズ・フューチャー・パスポート)
ホームページ:https://kids-future-passport.org/
代表理事:今井了介
理事:長谷川 芳博
理事:柴田 健二
監事:深野 朋一
所在地:福岡県福岡市博多区千代1-20-31 福岡県千代合同庁舎6階 オフィス4
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kids.future.passport

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース