食べる

錦に「ちょい飲み」バール-名古屋新名物として「石焼きパスタ」打ち出す

笑顔をみせる「Leggen Nagoya」店長でシェフの大桑さん

笑顔をみせる「Leggen Nagoya」店長でシェフの大桑さん

  •  
  •  

 錦に9月13日、イタリアンバール「Leggen Nagoya(レジェンナゴヤ)」(名古屋市中区錦2、TEL 052-231-7555)がオープンした。

 店舗面積は38坪。席数はカウンター席5席、テーブル席33席を設ける。店内はアイボリーとブラウンでまとめ、照明は落ち着いたトーンでまとめた。

[広告]

 「おしゃれにちょい飲みできる場所」と話す店長でシェフの大桑さんは、飲食業に携わって約8年。和洋中のほかデザートなどさまざまな経歴を持つ。「シンプルだけど手をかけている」という料理は、自家製ピクルスやピザ生地を一から手で練るなど一手間かける。大桑さんは、仕込みもすべて1人でこなすが「料理が好きだから苦にならない」と笑顔をみせる。

 気軽に立ち寄れるよう低価格でメニューを展開する同店。ほとんどのメニューを600円以下に設定した。

 主なメニューは、「カラフルピクルス」(189円)、「手作りソーセージの春巻き」「シチリア風手巻きサラダ」(以上399円)、「手羽先ハーブ イタリアンスタイル」「本日のお魚カルパッチョ」(以上504円)、「マルゲリータPizza」(609円)など、アンティパストからパスタ、ピッツァまで幅広く取りそろえる。ワインは「たる出しコップワイン」(赤・白、399円)ほか。

 大桑さん「おすすめ」メニューは「石焼きパスタ」。「名古屋の新名物」として打ち出すする同メニューは石鍋の中にパスタを入れ、「最後まで熱々の状態で食べられる」のが特徴。トマトソース、オリーブオイル、カルボナーラの3種類を用意する。

 メーンターゲットはサラリーマンやOLで、客単価は約2,000円。オフィス街が近いことがらランチ時には大勢のビジネスマンが訪れる。「お客さまとの会話を楽しみながらやっている」と気さくに話す大桑さん。「誰でも気軽に来られて笑って帰れる店。『来て良かった。やっぱりココだな』と思ってもらえるような店を目指したい」と意気込みをみせる。

 営業時間は11時30分~13時30分、17時~23時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加