自由に続きを描く「リレー漫画」、大須の漫画喫茶が開始-利用客に好評

オーナー内藤さんによる「リレー漫画」1コマ目

オーナー内藤さんによる「リレー漫画」1コマ目

  •  
  •  

 大須商店街仁王門通沿いにある「描けて読める」漫画喫茶「漫画空間」(名古屋市中区大須2、TEL 052-231-7781)が9月末から「リレー漫画」を始め、来店客に好評だ。

 漫画を描く来店客が多いということから「お客さま同士の交流のきっかけになれば」と始めた企画。4コマ漫画専用の原稿用紙に(1ページ8コマ)、1コマずつ交代で描いていくシステムで、誰でも自由に続きを描けるのが特徴。

[広告]

 最初のコマはオーナーの内藤さんが手掛ける店頭連載漫画「モアイくんが行く」に登場するモアイくんが、大好きなカップラーメンを食べるところから始まる。

 「楽しんで描いている人が多い」というリレー漫画。話題のきっかけになることから客同士の交流が増え、中には自分が描いている漫画より楽しみにしている人もいるという。「展開や(漫画の)タッチがさまざまで面白い。前の人の1コマを受けて描くのでストーリーやアイデアの訓練にもなる」と内藤さん。「来た人は誰でも自由に描けるので、気軽に参加してほしい」と参加を呼びかける。

 現在、店頭のリレー漫画は9ページまで進行中。「多くの人が読めるよう」ブログにも随時アップしている(3ページ分まで公開中)。

 営業時間は10時~23時。

  • はてなブックマークに追加