学ぶ・知る

大須の移動式トラットリアが無料パスタのチャリティー企画-募金呼び掛けも

チャリティーイベントを企画した移動式トラットリア「ゼンチーノ」のシェフ市川善一さん

チャリティーイベントを企画した移動式トラットリア「ゼンチーノ」のシェフ市川善一さん

  •  
  •  

 大須の移動式トラットリア「Zenccino(ゼンチーノ)」(名古屋市中区大須3、TEL 090-7613-2508)が8月12日・13日、震災復興支援として無料パスタのチャリティーイベントを開催する。

 当日はパスタを無料提供し、来店した人たちに募金を呼び掛ける。パスタは1日1000食ずつ用意し2日で2000人の参加を目指す。メニューは「愛知ベーコンと夏野菜のシャンパンソース」。集まった義援金は全額、13日に行われる宮城県名取市の灯籠流し「光の道」の灯籠購入に充てる予定。

[広告]

 「本当は、現地に行き復興支援チャリティーイベントと灯籠流しに参加する予定だった」とシェフの市川善一さんと妻の実保さん。今年6月、宮城県の「ゆりあげ港朝市」などを訪れ炊き出しを行った。復興に向け熱心に活動する人たちの姿を見て、「夏祭りに再び訪れ少しでも力になれれば」と現地を後にした。

 資金集めを開始するも必要金額に至らず、今回は名古屋で行うことに。購入する灯籠代の中にはプロジェクト実行に伴う経費も含まれており、「灯籠を買うことで資金繰りに奔走している地元の人たちを名古屋から後押ししたい」と思いを込める。

 「名古屋でやる意味も大きい」と実保さん。「震災から5カ月。名古屋は被災地から離れているので、震災直後に比べ意識が薄らいでいるように感じる」という。「イベントを開催することで、東北で頑張っている人たちに目を向けてもらえれば。募金は小銭でもいいので気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。

 イベントは両日16時~。パスタがなくなり次第終了。

  • はてなブックマークに追加