大須で公開アフレコ収録イベント-声優・古川登志夫さん出演

  •  
  •  

 名古屋を中心に全国的に活躍するキャラクター作家のダイスケ・ジャクソンさんが名古屋を舞台に制作している映像作品「カミナリコゾウ」の公開収録イベント「大須のアニメのひまつぶし」が7月29日、大須の2会場で開催される。

 2回目となる同イベントでは、CGを合成するときに使用するグリーンバックを舞台に、アフレコ収録とウェブ用動画撮影、ラジオ公開収録を行う予定。

[広告]

 1回目を振り返り、ダイスケ・ジャクソンさんは「前回は限定50人で予定していたところ、立ち見も出て70人のお客さんが集まったほど盛況だった」と話す。「収録中では出演者がお客さんと積極的に絡んだりしながら、実際にお客さんの声もアフレコとして使った」とし、「今回もより出演者と観客のみなさんの絡む機会を増やしながら楽しい収録現場にしたい」と意気込む。

 主な出演者は前回同様、アニメ「ワンピース」のポートガス・D・エースや「ドラゴンボール」ピッコロ役で活躍する声優・古川登志夫さんのほか、「美少女戦士セーラームーン」の大阪なる役の声優・柿沼紫乃さん、タレントのプラネットオシリスさん、大須育ちのピン芸人「ドッカンプロ」の酒井直斗さんなど。

 当日は収録を、グッドウィル(名古屋市中区大須3)5階の「エンターテインメントデジタルモール」で行い、ファンミーティングを同ビル1階のメードビアホール「大須カミナリランド」で行う2部構成で展開。「普段あまり体験することがない映像作品の制作過程を見ていただけたり、耳なじみのある声優さんと触れ合える機会はきっと多くの方に楽しんでいただけるはず」とダイスケ・ジャクソンさん。

 開催時間は15時から3時間程度を予定。イベント途中でも入場可能。入場料は3,000円(1ドリンク付き)。

  • はてなブックマークに追加