天気予報

20

17

みん経トピックス

栄でネパール震災映画グランパスくん交通安全大使

名古屋テレビ塔、屋外展望台の新名称が決定

名古屋テレビ塔、屋外展望台の新名称が決定

展望フロアで満開の桜

写真を拡大 地図を拡大

 名古屋テレビ塔(名古屋市中区錦3)屋外展望台「スカイバルコニー」が4月、リニューアルを行い、新名称を「こいにわ」に決定した。

 「こいにわ」の由来は、テレビ塔が「恋人の聖地」に認定されており、そのシンボルであるモニュメントが置かれた庭園は、恋(こい)が生まれる場所として、テレビ塔を訪れたすべての方の憩い(いこい)の場所となるようにという思いが込められている。

 展望台から屋外展望台へと通じる階段が分かりづらいという指摘もあったため、展望台の床面に「こいにわ」へ誘導をするマットタイプのサインも掲出した。

 昨年2月に芝生を植え季節ごとの花を植えてきたが、本年度からは花の植替えの回数も前年度に比べて増やすことで来場者に癒やしを提供する。

 リニューアル後の第1弾は、ソメイヨシノとシダレザクラを中心に植え、東西南北で花や木々を楽しむことができる。「お客さまに地上100メートルからの名古屋の景色や風を感じていただき、楽しさや喜び、感動を体験してもらえたら」と、同施設の石坂喜和さん。

 営業時間は10時~22時。料金は、一般=700円、65歳以上=600円、高校・大学生=600円、小中学生=300円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

10月14日・15日に開催される「大須大道町人祭」。奇抜な見た目で人気を集める「金粉ショウ」(昨年の様子。写真提供:大須商店連盟、同祭実行委員会)
[拡大写真]

アクセスランキング