見る・遊ぶ

GWにバスケ「愛知ダービー」最終戦 チアリーダーコラボなど

ドルフィンズアリーナで「愛知ダービー」 (C)NAGOYAD

ドルフィンズアリーナで「愛知ダービー」 (C)NAGOYAD

  •  

 ドルフィンズアリーナ(名古屋市中区二の丸1)で5月2日、プロバスケットボール「Bリーグ」の試合「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ対シーホース三河」が行われる。

ダイヤモンドドルフィンズのチアリーダー「ダイヤモンドルージュ」 

 愛知県内に本拠地を持つ名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、シーホース三河、三遠ネオフェニックスが直接対決する「愛知ダービー」の今シーズン最終戦となる同試合。3月にウイングアリーナ刈谷で行われた前回の対決は、オーバー タイムまでもつれる接戦となった。

[広告]

 会場では試合を盛り上げるさまざまな企画を行う。ドルフィンズとシーホースのチアリーダー「ダイヤモンドルージュ」「スーパーガールズ」がコラボパフォーマンスを披露。会場2階には、選手がインタビューを受ける「インタビューボード」を背に、選手ユニホームや公式球を使って記念撮影ができる「ドルフィンズフォトスポット」を設置する。来場者の先着4000人には、選手写真の台紙付き「サイリウムバンド」を進呈。ドルフィンズグッズがあたる抽選会も。

 会場前には飲食ブースを出店。とん平焼き・ザンギ唐揚げの「北海道うまいっしょ」、牛タン焼きそばの「こてつ家」、クロワッサンたい焼きの「マミーズキッチンまみ屋」など、さまざまなメニューを提供する。