見る・遊ぶ

栄で女性グループがミュージカル 名古屋発のエンタメプロジェクトが旗揚げ

ゲネプロを行った「GIRL'S DREAM PROJECT」のメンバー

ゲネプロを行った「GIRL'S DREAM PROJECT」のメンバー

  •  

 今年4月に始動した名古屋で活動するアイドルなどからオーディションで集めたメンバーが参加する「GIRL'S DREAM PROJECT」の旗揚げ公演のミュージカル「POWER OF DREAM」が8月1日、「NDP Studio」(名古屋市中区栄3)で始まった。

ミュージカル「POWER OF DREAM」のワンシーン

 同プロジェクトは、名古屋を拠点にする男性グループ「BOYS AND MEN」(ボイメン)が所属するフォーチュンエンターテイメントグループ(中区)と中日新聞社がタッグを組んだもの。ボイメンを育てた同社社長の谷口誠治さんが総指揮を執りオーディションで選抜したメンバーで「名古屋発の新たなエンターテインメント」として始めた。参加メンバーは、「おとめボタン」「7☆3」「きみともキャンディ」「P.IDL NAGOYA」などに所属する女性アイドルを中心に、グループの垣根を超えて構成する。メンバーは常時募集しオーディションを行うという。

[広告]

 ミュージカル「POWER OF DREAM」は、デビュー前の5人組アイドルグループとそのマネジャーの物語。デビューに向けて練習や準備を進める中でそれぞれの思いや心の動きを描く。喜怒哀楽、迷い、憧れなどを歌やダンス、力強いせりふに乗せて表現する。メンバーの一人は「歌、ダンス、演技…と内容盛りだくさん。今の自分たちと等身大の役柄でリアル」とコメント。各登場人物を複数のメンバーが演じるため、異なる組み合わせの回も楽しめる。

 会場は今年同社がオープンした常設劇場。席数は108席。壇上の舞台はなく、メインスペースのほか客席部分の通路なども使い観客席のすぐ近くで演技を繰り広げる。同公演プロデューサーの竹田太郎さんは「スタジオをめいっぱい使った。客席と出演者の距離が近く、表情なども間近で見られて物語が進むごとに変化していく様子なども体感できる。劇中、音楽や歌に合わせ手拍子や拍手などをして一緒に盛り上げて楽しんでもらえたら」と話す。「空気感を味わい、ここで名古屋発の新しいエンタメが生まれる瞬間を見てほしい」と来場を呼び掛ける。

 「名古屋はまだエンタメが不毛の地で特に夜に楽しめるものが少ない。ゆくゆくは夕食後に楽しめるようなエンタメに育て、全国、全世界から見に来るようなものにしたい」と意気込む。

 1日昼・夜の2回公演。公演時間は、平日・土曜=13時~、19時~。日曜=12時~、17時30分~。公演時間は約2時間。観覧料は3,500円(別途当日ドリンク代500円が必要)。チケットは同スタジオまたはBOYS AND MEN SHOP(中区大須)で店頭販売するほか、メール予約(希望公演日の前日18時まで)もできる。

 火曜休演。31日まで。