食べる 買う

栄・ラシックで「名探偵コナンカフェ2019」 キャラクターなどイメージした料理提供

「名探偵コナンカフェ2019」メインビジュアル ©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996 ©2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナンカフェ2019」メインビジュアル ©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996 ©2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

  •  

 「名探偵コナンカフェ2019」が3月30日~6月2日、商業施設「ラシック」(名古屋市中区栄3)地下1階の「NAGOYA BOX CAFE&SPACE」で開催される。

「黒ずくめの組織」をイメージした「真っ黒な」カレー

 同イベントは東京、大阪、北海道、福岡など、9都市11会場で展開されるもので、今回で5周年を迎える。同作の登場キャラクターやアイテムをモチーフにした料理やグッズ、世界観を楽しめる企画で、担当者によると「予約者数、物販売上、飲食売上、ともに右肩上がり」と言う。

[広告]

 今年は、5周年の節目と、4月12日に公開する「劇場版 名探偵コナン 『紺青の拳(フィスト)』」に合わせ、同作の舞台となるシンガポールの豪華さをイメージして、「名探偵コナンカフェ2019」のテーマを「パーティー」に据える。

 「怪盗キッドのイリュージョンパスタ」(1,590円)は添えられたソースをパスタにかけると「何か」が起こる仕掛け。「黒ずくめのAPTX4869カレー(アポトキシンカレー)~シェリービネガードレッシングサラダ添え~」(1,590円)は、白飯と赤色に着色したご飯でカプセルを表現し、周りには「黒ずくめの組織」をイメージした「真っ黒な」カレーを盛り付ける。「怪盗キッドのイリュージョンパフェ」(1,390円)はグラスに盛り付けた綿菓子にシロップを掛けると変化が現れるという。「江戸川コナンの蝶ネクタイ型変声機クリームソーダ」(890円)は江戸川コナンが身に着ける蝶ネクタイ型変声機の飾りを添える。

 劇場版公開記念の期間限定メニュー(4月12日~4月30日販売)として、「劇場版公開記念!シンガポールチキンライス」(1,490円)、「劇場版公開記念!シンガポールスリング(ノンアルコール)」(890円)を用意。カフェ5周年を記念した「名探偵コナンカフェ5周年パンケーキ」(990円、4月11日まで)、「蘭が新一の為に焼いたパイをイメージした」と言う「工藤新一バースデーメニュー“蘭のレモンパイ”」(1,490円、5月1日~5月7日)なども。

 「テイクアウトカップドリンク(怪盗キッド、安室透)」(各1,250円、ミニ缶バッジ付き、4月27日~5月12日期間限定)は渋谷、梅田、名古屋会場限定。

 「名探偵コナンカフェ2019」バージョンで作られたグッズは、アクリルキーホルダー(630円、1人20点まで)、ケース付きパスポート風ノート(980円、同10点まで)、マスキングテープ(500円、同10点まで)、ダイカットクッション(2,500円、同10点まで)など。価格は全て税別。

 予約優先で、公式サイトで受け付ける(事前予約受付期間は2月27日10時~5月30日23時59分、各開催日3日前まで)。カフェの利用は80分入れ替え制。