見る・遊ぶ

名古屋ダイヤモンドドルフィンズが河村市長表敬訪問 今シーズンの戦いを報告

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ安藤周人選手らが河村市長を表敬訪問

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ安藤周人選手らが河村市長を表敬訪問

  •  
  •  

 Bリーグ「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」の安藤周人選手が5月27日、河村たかし名古屋市長を表敬訪問した。

河村市長に今シーズンの成績を報告

 安藤選手は、三重県出身。2016年の入団以来、チームの中心選手として活躍し、今季はレギュラーシーズン全試合で先発出場。バスケットボールワールドカップ2019アジア地区予選の日本代表候補にも選ばれている。5月9日に来季の契約を更新し、さらなる活躍が期待されている。

[広告]

 安藤選手は、同チーム常務取締役の千葉洋一郎さん、小栗弘ゼネラルマネジャー、梶山信吾ヘッドコーチ、臼井秀明アドバイザーと共に名古屋市役所を訪問。河村市長に今シーズンの成績を報告した後、来シーズンへの決意表明を行った。

 千葉常務は「今シーズンは西地区年間2位となり、昨年に続きチャンピオンシップに進出することができた。クオーターファイナルで琉球ゴールデンキングスに敗れ、ベスト4に届かなかったのが残念」と今シーズンの結果を報告。河村市長は「よくバスケットの放送を見るようになった。華やかなハーフタイムショーの映像などももっと放映して、多くの人に魅力を伝えてほしい」と話す。

 来シーズンに向け、千葉常務は「日本人選手全員との契約も更新し、体制は整っている。若いチームなので、連携と成長を大切にして、高みを目指していきたい」と意気込んだ。

 河村市長は「ドルフィンズやグランパスのように、『名古屋』とチーム名に付けて頑張ってくれるのは本当にありがたい。スポーツチーム同士はもちろん、市内の商店街などとも力を合わせて、名古屋を盛り上げてほしい」とエールを送り、「子どもたちのバスケット人気も高まっている。チームから市への要望があれば、どんどん提案してほしい」と話した。

 安藤選手はチームのスローガン「DO,RED.」が入った赤い名古屋扇子にサイン。河村市長に手渡し、来シーズンの躍進を誓った。

  • はてなブックマークに追加