食べる

栄・久屋大通公園で「手羽先サミットneo」 「あいちめし地域応援合戦!!」も同時開催

栄の久屋大通公園で「第6回手羽先サミットneo」が開催。昨年に続き「第3回あいちめし地域応援合戦!!」も同時開催

栄の久屋大通公園で「第6回手羽先サミットneo」が開催。昨年に続き「第3回あいちめし地域応援合戦!!」も同時開催

  •  
  •  

 栄の久屋大通公園(名古屋市中区栄3)で6月7日~9日の3日間、「手羽先サミットneo」が開催される。

来場者の投票でグランプリを決定

 なごやめしを代表するメニュー「手羽先」の魅力を全国に発信し、名古屋の食文化を盛り上げることを目指す同イベント。2014年に金山総合駅前で始まり、2017年からは久屋大通公園に会場を移して開催。昨年は3日間で約9万8,900人が入場した。6回目となる今回は「neo(ネオ)」と題し、よりいろいろなことを体験できる「楽しむ!感じる!食の祭典」を目指す。昨年に続き「第3回あいちめし地域応援合戦!!」を同時開催する。

[広告]

 エディオン久屋広場の「手羽先ゾーン」では、愛知県を中心に岐阜県、北海道、京都府、大分県などから31店舗が出店。今回は「殿堂入り」ブースに宮崎手羽先番長、世界の山ちゃん、和食麺処サガミ、勝文商店のレジェンド4店舗が勢ぞろい。バラエティーに富んだ味を楽しめる。来場者は手羽先を食べると投票引換券がもらえ、投票所でお気に入りの店舗に投票することができる(殿堂入りの店舗は投票対象外)。投票を集計し、最終日9日18時から大村秀章愛知県知事が登壇してグランプリを発表する。

 エンゼル広場の「あいち県ゾーン」では、愛知県の各市町村の食・産業・文化・歴史・イベントを紹介出品、展示などで紹介する。愛知県内5酒蔵の地酒、香嵐渓もみじ堂の五平餅、瀬戸焼そば、八丁味噌ピザなどのグルメや、高浜市の三州瓦YUHIROの伝統「鬼瓦」、弥富市のスイーツ&金魚すくいなどが出店予定。

 エディオン久屋広場、エンゼル広場の特設ステージでは歌やダンスなどのパフォーマンスが披露される。手羽先大臣のBOYA AND MEN研究生、手羽先アクトレスの桜空さんはオープニング、グランプリセレモニーほか3日間ステージに登場。手羽先アイドルプリズムプリズムのラジオ番組公開録音(8日)、手羽先大使のMayumiさんのライブ(9日)や、「ご当地CMシンガーコマソンバトル!」(8日)、オリジナル手羽先ソングのコンテスト「手羽先SONGS大賞」(9日)などが行われる。

 主催の手羽先サミット実行委員会・広報部は「なごやめしの手羽先が、全国、世界に広がり、こんなにも多彩な味になっている。まさに手羽先は文化!ここで各地の手羽先を食べ比べ、みんなで幸せになろう!」と多くの来場を呼び掛ける。

 開催時間は、7日は16時~21時、8日は10時~21時、9日は10時~18時。入場無料(飲食代別途)。

  • はてなブックマークに追加