食べる

大須の新商業施設にカラフル綿あめ、いちごあめ、トルネードポテト 3店舗オープンへ

ストロベリー、レモン、ソーダの組み合わせの「3色わたあめ」

ストロベリー、レモン、ソーダの組み合わせの「3色わたあめ」

  •  
  •  

 カラフルな綿あめの店「TOTTI CANDY FACTRY(トッティキャンディファクトリー)」(3店舗共通、TEL 052-253-5349)、いちごあめ専門店「Strawberry Fetish(ストロベリー フェチ)」、トルネードポテトなど「長い食べ物」が楽しめる「LONG! LONGER!! LONGEST!!!(ロング!ロンガー!!ロンゲスト!!!)」が9月7日、商業施設「MultinaBox(マルチナボックス)」(名古屋市中区大須3)1階にオープンする。

「日本一長い」という52センチの「LONGEST!!!」トルネードポテト

 3ブランドを運営するのは「Sugar Factory」(東京都渋谷区)。施設1階路面に、店舗を横に連ねて出店。今月2日にプレオープンした。

[広告]

 「TOTTI CANDY FACTRY」は、プレーン(白色)、サイダー(水色)、ストロベリー(ピンク色)、レモン(オレンジ色)の4種類のフレーバーの綿あめを用意。価格は「3色わたあめ」(600円、組み合わせ違いで3種類)、「1色わたあめ」(300円)。その場で1つずつ手作りする工程を見て楽しめる。「3色わたあめ、1色わたあめは時間が立つと湿気などでしぼんでしまうので、すぐ食べていただくようお伝えしているが、持ち帰りたいという声が多いことから、日持ちするカップに入れた商品も用意している」(同社 原宿エリア統括店長の野間口寛さん)と言い、「レインボーカップわたあめ」(550円)、「レインボーバケツわたあめ」(800円)、「3色カップわたあめ」(450円)の物販もある。

 「Strawberry Fetish」の「いちごあめ」は、串刺しにした生のイチゴにあめを掛けたもの。「薄くあめを掛けているのでパリッとした食感。フレッシュなイチゴとあめとの組み合わせの味はここだけ」(野間口さん)。価格はイチゴが3粒の「いちごあめ」(400円)、5粒の「いちごあめロング」(600円)。練乳、ココア練乳、抹茶練乳(追加料金各70円)や、砕いたパイやソースなどで味を表現する、「ティラミス」「チーズケーキ」「抹茶タルト」(同120円)のトッピングも用意。7日からは「生タピオカ専門店 伍茶」が監修するドリンク「スペシャルストロベリータピオカ」(540円)、「黒糖ミルクタピオカ」(450円)も販売する。

 「LONG! LONGER!! LONGEST!!!」では1つのジャガイモから最大52センチの長さになる「トルネードポテト」を販売。店頭では生のジャガイモを専用の機械で薄く切り込みを入れ、長い串に差して長い「トルネードポテト」の形を作る調理工程を見て楽しめる。長さ違いで「日本一長い」という52センチの「LONGEST!!!」(700円)、「とても長い」という42センチの「LONGER!!」(600円)、「普通に長い」という35センチの「LONG!」(450円)の3種類のメニューがある。味はバーベキュー、コンソメ、バターしょうゆの3種類から選べる。スティックの先端部分に安全のために取り付けるキャップも用意する。
 「原宿チーズハットグ」は、クルトンをまわりにまぶし、ザクザクした食感。ケチャップ、マヨネーズ、マスタード、チリソースをかけ放題で用意。全部のソースをたっぷり掛けるのが「お勧め」と言う。価格は1本500円。

 「名古屋で言う原宿は大須だと思う。食べ歩き文化も根強く、当社の商材との親和性が高い」「見た目も作る工程も子どもが喜んで純粋に楽しんでもらえるのでは」とも。

 店舗奥にイートインスペースを設けるほか、店頭や店舗周辺に棒のみが入れられるゴミ箱を設置する。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加