食べる

大須の「KOMEHYO」で名古屋の和菓子期間限定販売へ 伝統文化の祭典とコラボ

大須にある「KOMEHYO名古屋本店」。1階で10月26日から名古屋の和菓子の販売が始まる

大須にある「KOMEHYO名古屋本店」。1階で10月26日から名古屋の和菓子の販売が始まる

  •  
  •  

 ジュエリーやバッグ、ファッションアイテムを扱うリユースデパート「KOMEHYO名古屋本店」(名古屋市中区大須3)本館1階で10月26日から、名古屋の老舗和菓子店の和菓子を期間限定販売する。

「KOMEHYO名古屋本店」で販売する4つの和菓子

 今年7年目を迎える名古屋の伝統文化の祭典「やっとかめ文化祭」(今月26日~11月17日開催)内の名古屋の老舗和菓子店の和菓子を巡る企画「名古屋らしい和菓子さがし」とコラボレーションした。

[広告]

 KOMEHYOと「やっとかめ文化祭」のコラボは今回が初めて。同社広報担当の長谷川奈々さんは「当社は今年創業73年を迎えた。地元名古屋から始まり、大須商店街など地域の皆さまに支えていただき、今のコメ兵の全国展開や海外展開がある。地元に還元できる一つの取り組みとして『やっとかめ文化祭』とコラボさせていただいた」と話す。

 期間中、「名古屋らしい和菓子さがし」にエントリーしている和菓子のうち、「千鈴」(きよめ餅総本家)、「茶あわせういろう」(雀おどり総本家)、「花しぼり」(餅文)、「手焼きごぼうあられ」(白木)の4商品を各60個限定で販売する(売り切れ次第終了)。

 長谷川さんは「企画を通して名古屋の街・名古屋の素晴らしい和菓子の魅力を、より多くの方に知っていただけたら。KOMEHYOの店舗へ来店したことのない方にも訪れていただくきっかけになれば」と話す。

 実施日は11月17日までの土曜・日曜・祝日。営業時間は10時30分~18時。

  • はてなブックマークに追加