3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

愛知県美術館ギャラリーで「ジブリの“大じゃない”博覧会」開催へ 未公開資料の初披露も

「ジブリの“大じゃない”博覧会」タイトルロゴ

「ジブリの“大じゃない”博覧会」タイトルロゴ

  • 62

  •  

 「ジブリの“大じゃない”博覧会」が7月22日、愛知県美術館ギャラリー(名古屋市東区東桜1)で開催される。主催は愛知県と中日新聞社、企画制作協力はスタジオジブリ。

マスク姿の「千と千尋の神隠し」キャラクター「湯婆婆」

 6月25日から9月6日まで開催を予定していた「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと2年。~」は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、来年以降に延期した。

[広告]

 スタジオジブリの中島清文社長のメッセージによると、同展は大村秀章愛知県知事から「新型コロナウイルスがいったん落ち着きを見せている中、何かジブリの展示をやってもらえないか」という依頼が中日新聞社に入ったことがきっかけ。愛知限定のイベントになるという。

 わずか1カ月余りという短い準備期間や「展示物は2メートルの間隔を空け観客が密にならないようにすること」という条件など厳しい環境だったが、「イベントや展覧会がほとんどなくなってしまったこういう時だからこそ、ジブリパーク開設を2年後に控えた愛知県の皆さんにジブリで楽しんでいただきたい。県民はじめ全国の皆さんに笑顔と元気を届けたい」(中島清文社長のメッセージより抜粋)という思いで、知恵を出し合い開催にこぎ着けたという。

 展示内容はジブリの「過去から未来」を体感できるもの。これまでを振り返るコーナーでは「三鷹の森ジブリ美術館」の「ネコバス」を展示するほか、「天空の城ラピュタ」「紅(くれない)の豚」「ハウルの動く城」「かぐや姫の物語」などの作品の名場面を背景に撮影ができる。「千と千尋の神隠し」コーナーでは登場キャラクター「湯婆婆(ゆばーば)」と「銭婆(ぜにーば)」の「おみくじ」が楽しめる。宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文コーナーなども設ける。

 2020年冬に放送を控える長編アニメーション「アーヤと魔女」の主役「アーヤ」など登場キャラクター人形や、「ジブリパーク」の建築模型やスケッチなども披露。いずれも未公開資料の初披露だという。

 会期は9月3日までの38日間(月曜休館、祝日の場合は翌日)。開場時間は10時~18時(金曜は20時まで、入場は閉場の30分前まで)。入場は3密を避けるため日時指定制で、各時間枠の販売枚数に上限を設ける。

 観覧料は一般=1,400円、高校・大学生=1,000円、小・中学生=700円(土曜・日曜・祝日はそれぞれ100円増し)、未就学児無料。入場券はローソンチケットで販売。7月22日~8月10日の入場分は今月4日10時から、8月12日~9月3日分は今月18日10時から販売を始める。

 37.5度以上の発熱など体調不良者の入場自粛や検温の実施、マスク着用など感染予防策も行う。

Stay at Home