見る・遊ぶ

名古屋市公会堂が虹色にライトアップ 開館90周年記念で

開館90周年を記念し特別仕様でライトアップされた名古屋市公会堂

開館90周年を記念し特別仕様でライトアップされた名古屋市公会堂

  • 184

  •  

 イベントホール施設「名古屋市公会堂」(名古屋市昭和区鶴舞1)が10月10日、開館90周年を記念し虹色にライトアップされた。

さまざまな色に照らされる名古屋市公会堂

 昭和天皇ご成婚を祝した名古屋市の記念事業として1930(昭和5)年に開館した同施設。2017(平成29)年4月から2年間休館し大改修を行った。今年8月17日付けで国登録有形文化財(建造物)に登録された。

[広告]

 当日18時30分から、施設前に設置したスクリーンに第二次世界大戦中・戦後に起こった苦労や、ロックの殿堂として数々のミュージシャンの公演が開かれたこと、コスプレの聖地として使われていることなど、同施設の歴史やエピソードをまとめたスライドショーを上映した。

 「コロナ禍の90周年 やまない雨は絶対ない」のメッセージの後、特別仕様のライトアップが点灯。音楽に合わせて外壁を虹色に照らし、中央には90thの文字を表示した。スクリーンには一般募集で集まった案の中から採用した90周年ロゴマークも投影しお披露目とした。

 同施設館長の木村寛さんは「コロナ禍の世の中を元気づけることをテーマにカラフルな虹色でライトアップした。戦争も乗り越えてきた名古屋市公会堂。コロナも乗り越えるという気持ち」と話す。

 人が集まりすぎないように大々的な告知は避け実施したが、会場では15人程度が特別仕様のライトアップを見届けた。木村さんのあいさつの後には拍手も起こった。「偶然通りかかった人や当館SNSの動画を見かけて来てくれたのでは」(木村さん)。

 特別仕様のライトアップは1週間程度、展開される。

ピックアップ

Stay at Home