見る・遊ぶ

栄の地下街「サカエチカ」に「誰でも自由に弾ける」ピアノ「LovePiano」

サカエチカの「クリスタル広場」に登場する「LovePiano」5号機(イメージ、画像提供=ヤマハミュージックジャパン)

サカエチカの「クリスタル広場」に登場する「LovePiano」5号機(イメージ、画像提供=ヤマハミュージックジャパン)

  • 67

  •  

 「誰でも自由に弾ける」ピアノ「LovePiano」が12月24日・25日、サカエチカ(名古屋市中区栄3)の「クリスタル広場」に登場する。

 ヤマハミュージックジャパン(東京都港区)が行うプロジェクトで、ピアノを身近に感じて親しんでもらうことを目的にする。広報担当者によると「ピアノを習う人はたくさんいるが、子どもの頃習っていたが大人になって弾かなくなった人が多いほか、ハードルが高い印象を持たれることも多い。親しみを持ってもらい、ピアノの良さ、音楽の魅力を伝える目的で始めた」と話す。

[広告]

 2017(平成29)年にJR新宿駅の「ペンギン広場」に設置したのが最初で、これまでに駅や空港、商業施設など60カ所以上で行われた。外装デザインが異なる5機が稼働する。

 サカエチカに設置するのは黄色いボディの5号機。演奏希望者に行列ができた場合の演奏時間は1人につき5分まで。詳細はピアノ近くに設置する「演奏時のお願い」で確認できる。

 新型コロナウイルス感染症対策として、演奏前に演奏者の手指の消毒のほか、演奏後はその都度、スタッフによる鍵盤の清掃、演奏希望者・観覧者のマスク着用、演奏の順番待ちの際や観覧時はソーシャルディスタンスの確保を求める。実施時間終了後はスタッフにより周辺を清掃する。

 小さい子どもから大人まで、性別問わず、さまざまな人がピアノを弾いていくという。「意外に男性が多い印象。1曲弾く人、少し触って行くだけの人、さまざま。弾く曲も、クラッシックの人もいれば、お子さんだと練習中の曲やはやりのアニメのテーマ曲など、こちらもさまざま」(同担当者)と話す。 

 期間中、誰でも弾くことができる。開催時間は10時~22時。