買う 学ぶ・知る

ヤマハミュージック名古屋店が改装 1階に楽器演奏体験・指揮者体験やカフェ

リニューアルし設けた1階の「ブランド体験フロア」。イベント開催、楽器の演奏体験、カフェコーナーなどを設置

リニューアルし設けた1階の「ブランド体験フロア」。イベント開催、楽器の演奏体験、カフェコーナーなどを設置

  • 81

  •  

 「ヤマハミュージック名古屋店」(名古屋市中区錦1、TEL 052-201-5151)が4月24日、リニューアルオープンする。

チェロやキーボードなどの楽器の演奏体験コーナー

 これまで1~3階で営業していた店舗部分の1~2階を改装するほか、新たに6・7階に店舗スペースを増やした。

[広告]

 1階は「ブランド体験フロア」としてリニューアル。フロア内の一角に音楽演奏イベントなどを開催できるスペースを用意。開催内容はホームページで告知する。指揮者体験できるコーナーでは、手の動きに合わせて大型スクリーンに映し出されるオーケストラの演奏のスピードを操ることができる。ヤマハ製品を体験できるコーナーでは、「サイレントシリーズ」のバイオリン、チェロ、ギター、キーボード「ソノジェニック」など、持ち方や音の出し方などを解説する映像を見ながら実際に弾くことができる。そのほか、ワークショップ(有料のものもある)やオリジナルグッズの販売。「入店しやすいきっかけとして」カフェコーナーも設置。コーヒー、カフェインレスコーヒー、オレンジジュースなどのドリンク、同企業ロゴの焼印を押した「オリジナルどら焼き」(330円)を販売する。カフェのみの利用も可能。

 2階はギター・ドラム・シンセサイザー・音楽制作のフロア。ヤマハブランドギターは250本を展示し国内最大級の品ぞろえで、担当者は「親子でギターを見に来る方も多い。エレキギターは色違いも充実。ぜひ実物に触れて弾いてみて、自分だけの1本を選んでいただければ」と話す。人気が高まっているという音楽制作機器をセットアップしたコーナーや、最新モデルも試打できる電子ドラムコーナーも。ギターやアコースティックドラムの試奏室も用意する。

 6階では、和書・洋書合わせて楽譜を3万冊以上そろえ、音楽雑貨・レッスングッズなど約4000点を扱うほか、オーディオルームを新設。ピアノ仕上げを施したスピーカーシステムなど、「フラッグシップ HiFi5000 シリーズ」を置く。1組につき45分間までの利用が可能で「総合音楽メーカーとして蓄積したノウハウが詰まった機器をじっくり体験してほしい」(オーディオ担当者)という。

 7階は、管楽器・弦楽器・打楽器を扱うフロア。従来に比べ売り場面積は約25%拡張し、同社の管楽器の品数は約150本に増やした。最新モデルや話題商品をショーケースに入れず展示するスタイルを一部取り入れることで、「手に取りやすく、楽器に触れるきっかけ」とする。今回新たに、同社の「スネアドラム」、「サイレントバイオリン」などを展示。季節やテーマに合わせて演奏体験も楽しめる企画展示エリアを新設するほか、3つの試奏室や「見せる」管楽器のリペアコーナーも設ける。

 同店店長の中原喜良さんは「小さい頃からピアノを習っている方や吹奏楽部員だった方など楽器経験があり、これまで楽器店に足を踏み入れたことがある方だけではなく、興味はあるけど音楽レッスンや楽器経験がないといった新規のお客さまにも『ヤマハに行ってみよう』と思っていただけるようなイベントや音楽、楽器の体験・体感ができるコーナーを1階のブランド体験フロアで展開していきます。従来のお客さまも大切にしつつ、たくさんの方に、音楽を楽しむことを目的にした新しいヤマハミュージック名古屋店にぜひ気軽に来て欲しい」と来店を呼び掛ける。

 試奏室やオーディオルームの利用、ワークショップ参加などはウェブで申し込む必要がある。

 3階=ピアノ・電子ピアノ・キーボード・防音室(アビテックス)、4階=グランドピアノサロン名古屋、5階=音楽教室、8階=ヤマハ名古屋ホールは、改装なし。

 営業時間は11時~18時30分。火曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース