スガキヤのマスコット「スーちゃん」が生誕50周年

生誕50周年を迎えるマスコットキャラクター「スガキヤ スーちゃん」

生誕50周年を迎えるマスコットキャラクター「スガキヤ スーちゃん」

  •  

 中部地区を中心に展開するラーメンと甘味を提供するチェーン店「スガキヤ」は7月19日より、同店のマスコットキャラクター「スガキヤ スーちゃん」の生誕50周年を記念してキャンペーンを開催している。

 スガキヤは、中部地区では多くの人が子どものころから慣れ親しんだラーメンチェーン店。それ故、スーちゃんもなじみ深いキャラクターとなっている。スーちゃんは、水玉模様のワンピースに、水玉模様のリボンが付いた二つに結ったヘアスタイルが特徴のかわいい女の子。もともと公募により誕生したもので、発案者は当時名古屋市在住の男性銀行員。当初のヘアスタイルはおかっぱ頭で、全体のデザインは中国風だったという。現在のヘアスタイルと衣装は、スガキヤを運営するスガキコシステムズ(名古屋市中区大須4)の創業者の一人で先代の故・菅木周一社長のアイデアによるもの。

[広告]

 今回のキャンペーンでは、スーちゃんを全面的に押し出す。内容は、今回のために限定で作られた全長50センチの「スーちゃんジャンボぬいぐるみ」(1,000個)が抽選で当たるほか、スーちゃんのイラストが入ったケース付きの「スーちゃんMy箸」は、スクラッチカードを削るとその場で当たる。対象店舗は、一部店舗を除く326店舗。第2弾のキャンペーンも企画中だという。

 キャンペーンは8月24日まで。

名古屋のラーメン店「スガキヤ」オリジナル食器、MoMAストアで販売(サカエ経済新聞)スガキコシステムズ