「あいちトリエンナーレ」記者発表-出品予定作家12人を公開

愛知芸術文化センターで行われた記者発表の様子

愛知芸術文化センターで行われた記者発表の様子

  •  
  •  

 2010年8月から始まる芸術の祭典「あいちトリエンナーレ」の記者発表が3月25日、愛知芸術文化センター(名古屋市東区東桜1)で行われた。

 同祭典はポスト「愛・地球博」として県を挙げて取り組まれている日本最大級の国際展。期間中、現代芸術を軸に、舞踊やオペラなどの舞台芸術も含めてさまざまな事業を繰り広げる。現在も同センターでの特別展を中心にプレイベントを開催している。

[広告]

 会見では芸術監督を務める建畠晢さん(国立国際美術館館長)が出品予定作家約70人のうち、すでに決定した12人を紹介。現代美術作家では、ソフトスカルプチャーや鏡などを使った環境彫刻で知られる草間彌生さん、愛知県出身の渡辺英司さん、街中にゴリラやサイのブロンズ像を置くなどの驚きのある作風が魅力のイタリア人作家、ダビデ・リバルタさんなど。演劇やダンスなどの公演団体は、日本のチェルフィッシュ、ベルギーのヤン・ファーブルなど。プロデュースオペラでは、演出家の金森譲さんが決定している。

 100年に1度と言われる経済危機の中での開催について、建畠さんは過去の事例を3つ例に挙げて次のようにコメントした。「1930年代に米国大統領ルーズベルトが大恐慌を克服するために行ったニューディール政策の中でも『連邦美術計画』があり、公共物を壁画やポスターで彩ることで不況に沈む人々にも希望と勇気がわき起こったことがありました。本祭典でも、アートを高揚させると同時に、アートの力で絶望している人々の心に活気を与えることができたら」。

 そのほか、同センターだけでなく名古屋の街中にアートを飾る構想や、美大生をはじめとする一般ボランティアとの交流構想、ロゴマークなども発表。詳細が決まり次第、ホームページなどで発表していくという。

 開催期間は2010年8月21日~10月31日。

  • はてなブックマークに追加