見る・遊ぶ

ARスタンプラリーで「あいちトリエンナーレ」アピール-愛知芸術文化センター

愛知芸術文化センターほかで行われているARスタンプラリー

愛知芸術文化センターほかで行われているARスタンプラリー

  •  
  •  

 愛知芸術文化センター(名古屋市東区東桜1)などで2月9日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2013」を盛り上げるための企画「AR(拡張現実)スタンプラリー」が始まった。

スタッフとともに会場内を移動しているARマーカーも

 8月10日に開幕するあいちトリエンナーレを盛り上げるために企画された。AR(拡張現実)は、ディスプレーに映し出した画像や映像にデジタル合成などで別情報を重ねて表示する技術。参加者は市内を巡りながら各所に設置されたARマーカーを探し、トリエンナーレの情報やアートとともにスタンプを集めていく。スマートフォンやタブレットをARマーカーにかざすと、前回開催された「あいちトリエンナーレ2010」の作品映像やメディアアート作品などが映し出され、その画像をタップするとスタンプを取得できる。

[広告]

 ARマーカーの数は25。愛知芸術文化センター地下2階のインフォメーションで配布されるAR広報紙にスタートマーカーがあり、同センター内、名古屋市美術館、長者町など15所にマーカーっを設置している。さらに、マーカーを身につけたスタッフ9人が各会場を移動。集めたスタンプの数に応じて、インフォメーションでプレゼントへの引き換えができる。

 インフォメーションでは期間中、「ARスタンプラリー体験ツアー」を実施。スマートフォンを持っていない人にタブレット端末を貸し出し、スタッフが使い方をナビゲートする。

 あいちトリエンナーレ実行委員会の菊池学さんは「スマートフォンを使う方が増えたことと、ARを活用したPRが一般的になってきたことから、トリエンナーレ開幕までの盛り上げの一つとしてスタンプラリーを企画した。ARで見られるものは前回トリエンナーレの画像や今回の出品アーティストのインタビューなど。2010年を思い出し、今年のトリエンナーレを楽しみに感じていただきたい」と話す。

 スタッフの一人、堤寛子さんは「2010年のトリエンナーレ開催時は県外に住んでいて、帰郷したときに見て回った。地元で開催される芸術祭のPRに参加したいと思いスタッフに応募した。スマートフォンを持っていない方でも体験が可能なので、ぜひツアーに参加して楽しんでいただければ」と呼び掛ける。

 スタートマーカーが印刷されたAR広報紙は公式ホームページからダウンロードできる。3月31日まで。

  • はてなブックマークに追加