暮らす・働く

名古屋テレビ塔で「外国人から見た名古屋、サムライ」テーマにトークショー

対談イベント「将軍談義」に登場する名古屋おもてなし武将隊の徳川家康

対談イベント「将軍談義」に登場する名古屋おもてなし武将隊の徳川家康

  •  
  •  

 名古屋テレビ塔(名古屋市中区錦3)の3階で9月20日、名古屋おもてなし武将隊の徳川家康とラジオDJクリス・グレンさんによる対談イベント「将軍談義」が開かれる。

対談するラジオDJクリス・グレンさん

 「名古屋おもてなし武将隊」は名古屋の観光PR活動を目的に、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など6武将と、4人の陣笠(じんがさ)隊で2009年に結成。名古屋城内で「おもてなし」と呼ばれる観光案内や写真撮影、演武などをおこなうほか、名古屋城以外でも多くのイベントに出演。名古屋の魅力を伝える目的で、国内外でPR活動を行っている。

[広告]

 同イベントは、「尾張名古屋の歴史と街をつくった」といわれている徳川家康が、側近たちの意見をよく聞き、軍略や政策に生かしていたという話を基に、現在の名古屋の第一線で活躍する人と対談し、名古屋の発展につなげていくことを目的としている。

 1回目のテーマは「外国人から見た名古屋、サムライ」。オーストラリアと日本の両国で活躍するクリス・グレンさんから、外国人から見た名古屋の魅力、今後の課題や問題点について語る予定。

 主催の名古屋おもてなし武将隊事務局の担当者は「東京オリンピック、観光庁による訪日外国人旅行者数2000万人への計画と海外向けのインバウンド観光対策が叫ばれている今、外国人視点から名古屋に対する本音を聞くことで、参加者の今後の仕事や生活に生かしてもらえたら」と意気込む。今回は、観光・まちづくり関係者、名古屋に関心の強い人、外国人需要を見込んでいるビジネスマンの参加を期待している。今後は、文化・芸能・食・ものづくりなど多ジャンルのゲストを招きシリーズ化していく予定。

 参加費は1,500円。定員60人。参加には事前の申し込みが必要で、締め切りは今月12日。当日は、名古屋テレビ塔にて開催中の「光の万華鏡」の見学も含まれている。詳細は名古屋おもてなし武将隊公式ブログで確認できる。

 開催時間は18時~19時30分。

  • はてなブックマークに追加