見る・遊ぶ

「日刊ローカルプロレスラー図鑑2017」 クラウドファンディングで支援呼び掛け

「日刊ローカルプロレスラー図鑑2017」がクラウドファンディングで支援呼び掛け

「日刊ローカルプロレスラー図鑑2017」がクラウドファンディングで支援呼び掛け

  •  
  •  

 全国のご当地レスラーを紹介するオンライン図鑑「日刊ローカルプロレスラー図鑑2017」制作を目指すクラウドファンディング企画が10月27日から、支援者募集を開始した。

 名古屋在住でプロレス観戦記サイト「たこ焼きマシン.com」を運営する「たこ焼きマシン」さんが提案した同企画。たこ焼きマシンさんは「全国レベルで取り上げられることが少ないローカルプロレス団体・選手を紹介したい」との思いでクラウドファンディングに企画を提案し、日本各地で取材を重ねて2015年5月に第1号となる冊子「ローカルプロレスラー図鑑2015」を発行。クラウドファンディング支援者からの続巻を望む声も多く、シリーズは通巻3号まで制作・発行している。

[広告]

 2017年度版となる今回の企画は、初めて電子版をメーンに制作。「日刊ローカルプロレスラー図鑑2017」と題し、5期に分けて原則毎日、レスラーの紹介を無料で公開していく。公開した内容をまとめた紙冊子版もこれまで同様に制作・発行する。

 たこ焼きマシンさんは「シリーズ通算で約1500人の方々に手に取っていただいたが、もっと多くの人にローカルプロレスを知ってもらいたくて今回の企画になった。紙媒体だけでは、一度に多くの方に届けられなかったり、状況の変化に追いつけなかったりするところもある。図鑑と名付けているので本としての手触りも大事。紙冊子版も引き続き制作するが、より広く見てもらえることを目指し、ネットを主媒体にしたい」と話す。

 「無料公開と日刊連載は大きな挑戦」とたこ焼きマシンさん。「多くの人に知ってもらうために、ネット版は無料にしたかった。毎日1人ずつレスラーの名前、団体、顔写真を紹介していきたい。取材や移動のために公開できない日が発生する場合もあるが、5期に分けてそれぞれの間に準備期間を設けて制作していく」と意気込む。

 クラウドファンディング支援者には、日刊で連載した内容にレスラーのデータや試合写真を加えた各期の電子版総集編をPDF版で制作して配布する。5期全巻を再編集して一つにまとめた完全版は11月に完成予定。前号まで同様、紙での図鑑を希望する人にはフルカラーの紙冊子版総集編を発送する。電子版、紙冊子版とも一般書店ほかでの販売は未定。

 たこ焼きマシンさんは「夢はプロレスが日本各地で見たい時にライブで見られるメジャースポーツになること。そのためには素晴らしい団体、プロレスラーを多くの人に知ってもらうことが第一歩。いつか世界中のローカルプロレス団体を収録した『ワールドプロレスラー図鑑』を作ることができたらうれしい。日本各地でプロレス団体が活動しているので興味をもったら近くの大会に足を運んでほしい。生でプロレスを見て、自分だけの楽しみ方を見つけてほしい」と語った。

 支援希望者は、クラウドファンディングサイト「moonshot(ムーンショット)」内のプロジェクトページにアクセスし、支援コースを選ぶ。支援募集は12月8日まで。

  • はてなブックマークに追加