しゃちほこボーイズがCDデビュー ご当地ソングで名古屋を元気に

パフォーマンス集団「しゃちほこボーイズ」がCDデビュー

パフォーマンス集団「しゃちほこボーイズ」がCDデビュー

  •  
  •  

 名古屋を中心に活動するパフォーマンス集団「しゃちほこボーイズ」が5月31日、デビューシングル「SEKAI WA KISEKI(セカイ=キセキ)」を発売する。

 しゃちほこボーイズ1号機こと池田元希さんを中心に2011年に結成された同チーム。「名古屋城からおりてきた妖精」をコンセプトに、黄金の全身タイツに「たい焼き」のかぶり物をかぶる個性的なコスチュームで、ライブ活動やイベント出演を行っている。結成以来、中学生やサラリーマン、フリーターや会社社長など人数が増加し、現在は180人以上のメンバーが名を連ねている。

[広告]

 「セカイ=キセキ」は名古屋にちなんだ「ご当地応援ソング」で、魅力のない街アンケート1位に選ばれてしまった地元を盛り上げたいという思いが込められているという。名古屋の宅配ピザチェーン店「アオキーズピザ」のCMソングとして制作され、CMにはメンバーが出演した。

 同チームは現在、名古屋を盛り上げるための「おもしろミュージックビデオ」制作のため、クラウドファンディングで資金を募っている。6月4日には栄のライブハウス「MUJICA(ムジカ)」(名古屋市中区錦3)で、CD発売記念ライブを開く。

 発売記念ライブの開演時間は13時。料金は前売り2,000円、当日2,500円(ドリンク代500円)。

  • はてなブックマークに追加