天気予報

15

9

みん経トピックス

大相撲名古屋場所60年企画グランパス交通安全教室

上前津に「トランクコーヒー」2号店 コーヒーとクラフトビールをビアサーバーで提供

上前津に「トランクコーヒー」2号店 コーヒーとクラフトビールをビアサーバーで提供

(左から)トランクコーヒーの田中さん、トミタの富田さん、トランクコーヒーの鈴木さん

写真を拡大 地図を拡大

 地下鉄上前津駅 6・7番出口近くに6月4日、「TRUNK COFFEE & CRAFT BEER(トランクコーヒー アンド クラフトビール)」(名古屋市中区上前津1、TEL 052-321-6626)がオープンした。

ビアサーバーからアイスコーヒー

 3年前に高岳にオープンした「トランクコーヒー」(東区)の2号店。スペシャルティコーヒーとクラフトビールをメインに提供する。建物は4階建てで、解体業や店舗施工などを手掛けるトミタによるデザインチーム「SASQUATCH(サスカッチ)」との共同経営。1~3階は同店が、3~4階はサスカッチのデザイン部署室として運用する。

 コーヒーはスペシャルティコーヒーを提供。エスプレッソやカフェラテ、ドリップコーヒーやエアロプレスで抽出したコーヒーなどのほか、窒素ガスが溶け込んだクリーミーな口当たりのアイスコーヒー「NITRO COLD BREW(ナイトロコールドブリュー)」(650円)はビアサーバーで提供する。

 クラフトビールはたる生ビールを常時7種類(650円~、3種類飲み比べセット1,000円)、その他にボトルビールも取りそろえる。国内メーカーでは、志賀高原ビールや京都醸造、城端麦酒やうしとらブルワリーなど。国外からは、デンマークのブルワリーで「ミッケラー」「トゥオール」などのクラフトビールも。その日のラインアップはフェイスブックページで知らせる。

 同店共同代表の田中聖仁さんは「バリスタならではの感覚で選ぶビールを楽しんでほしい。コーヒー好きな人がビールにも興味を持ったり、ビール好きな人がコーヒーも好きになったり、トランクを通じて、そうしたきっかけを提供できれば」と話す。

 フードメニューは、春日井のフレンチレストラン「elever la vie (エルヴェラヴィ)」のシェフで、公邸料理人を務める吉川成輝さんがメニューを監修。コーヒーに合う野菜を使ったスイーツやクラフトビールに合う「ポークパテ」(780円)、片手でも食べやすいラップサンドのような「そば粉のガレット」(550円)などを提供する。

 同じく共同代表の鈴木康夫さんは「新しいコーヒー文化の発信者として、一緒に名古屋に新しいコーヒー文化を築いてくれる熱い仲間を募集している」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。

グローバルフォトニュース