食べる

大須にタイ発祥のロールアイスクリーム専門店 名古屋限定の八丁みそアイスも

岐阜県産の10年熟成のみりんをかけて仕上げる「八丁味噌(みそ)アイス」

岐阜県産の10年熟成のみりんをかけて仕上げる「八丁味噌(みそ)アイス」

  •  

 大須のメガタウンに6月16日、タイ発祥のロール状のアイスクリーム専門店「マンハッタンロールアイスクリーム」(名古屋市中区大須3)がオープンする。

一番人気だという「ストロベリー&ベリー」

 昨年8月に原宿にオープンした1号店に次ぐ2店舗目。大須を出店場所に選んだ理由についてPR担当者は「原宿同様、トレンド感度が高い女性が集まるエリア、流行発信地として立地ステータスがあると判断した」と話す。今夏からフランチャイズ展開を進め、短期間で全国展開を目指す。

[広告]

 ロールアイスはマイナス20度以下に冷やしたプレートの上で液状のアイスベースを冷やし固め、薄く伸ばした状態を丸めたアイスクリーム。店舗で牛乳、生クリーム、シロップを独自の配合で合わせて作るアイスクリームは「一般的なアイスクリームが乳脂肪分10~15%程度なのに対し、当店は約20%で濃厚で滑らか。それでいて甘すぎない」という。

 同店ではこのアイスベースに、フルーツやチョコなどをトッピングし、多様な味を楽しめるのが特徴。トッピングやアイスのベースには冷凍ではないフレッシュフルーツを使う。

 メニューは8種類程度(季節によって変わる)で、うち1種類が名古屋限定メニュー。主なメニューは「ストロベリー&ベリー」「マンゴー&マンゴー」「グリーンティーショコラ」「チョコミント」など(以上、850円)。名古屋限定メニューの「八丁味噌(みそ)アイス」(1,000円)は小倉あんとパイをトッピングし、岐阜県産の10年熟成のみりんをかけて仕上げる。みりんにアルコールが含まれるため20歳以上を対象に販売。

 「フォトジェニック、ムービージェニックなスイーツ。スタッフがお客さまの目の前で、コミュニケーションを取りながらアイスを作ることも当店の売り」とも。

 営業時間は10時~20時。テークアウトのみ。