見る・遊ぶ

グランパス全選手が3市22校を学校訪問 「ヨロコビバトン」で笑顔つなぐ

豊岡小学校を学校訪問した名古屋グランパス佐藤寿人選手

豊岡小学校を学校訪問した名古屋グランパス佐藤寿人選手

  •  

 名古屋グランパスの選手らが6月20日、名古屋市、豊田市、みよし市の小学校22校を学校訪問した。

児童たちと給食を食べるシャビエル選手

 今回の学校訪問は同クラブの新たなホームタウン活動「名古屋グランパス ヨロコビバトン」の第1弾企画。グランパスの全選手がグループに分かれ、ホームタウンの小学校を訪問し、ミニゲームやトークなどで児童たちと交流した。

[広告]

 「ヨロコビバトン」は、同クラブがこれまで続けてきた小学校訪問や親子観戦招待、小児病棟慰問、サッカー教室などのさまざまな活動を通じて、子どもたちのチャレンジを応援し、笑顔や喜びをつなげて広げていこうというもの。

 佐藤寿人選手とガブリエル・シャビエル選手は、午前に豊岡小学校(名古屋市瑞穂区膳棚町3)、午後に弥富小学校(瑞穂区日向4)を訪問した。豊岡小では、体育館に集まった5年生が入場する両選手を大きな拍手で迎えた。2人は自己紹介をした後、児童たちとミニサッカーゲームで対決。児童たちは両選手のテクニックに歓声を上げながら、ゴールを目指す友達に声援を送った。

 ミニゲームの後は、「ヨロコビトーーーク!!」コーナーを開催。2人は「ヨロコビバロメーター」を使って、自分の人生の中で「ヨロコビを一番感じた場面」などをそれぞれ解説。児童たちに挫折から立ち直った経験や、夢を持ち続けることの大切さを話した。佐藤選手は「サンフレッチェ広島でのリーグ優勝」をメーター最高値として紹介し、「サッカーも勉強も頑張った中学校時代があったから、プロになることができた」と振り返った。児童からの質問で「今までのベストゴール」を聞かれたシャビエル選手は、「ブラジルのクルゼイロ時代に、リベルタドーレス杯で名GKロジェーリオ・セーニ選手を相手に決めたPKゴール」をあげ、「挫折を乗り越えた時に一番大きかったのは家族のサポート。家族への感謝は、努力して成果を出すことで伝えた」と話した。

 最後に佐藤選手は「サッカーは華やかな世界に見えるかもしれないが、僕らにもさまざまな浮き沈みがあった。皆の喜びが大きなものになるよう、思いを強く持って、いろいろなことにチャレンジし続けてほしい」と呼び掛けた。2人は喜びの輪が広がっていくことを願う「ヨロコビバトン」やクラブのフラッグを進呈し、児童たちと一緒に記念写真を撮影した。

 体育館での企画が終了した後、2人は教室での給食にも参加。児童たちと机を並べながら、トークの続きを楽しんだ。

 同クラブホームタウングループの田中希代子さんは「今までもいろいろなホームタウン活動をしてきたが、それぞれを単体の企画にせず、そこで生まれた笑顔やチャレンジする気持ちをバトンのようにつなげていきたいと考えている。ホームタウンが『ヨロコビあふれる街』になるよう、クラブ一丸となって皆さんの笑顔をつなぐ活動をしていきたい」と話した。