見る・遊ぶ

鶴舞公園内・テラスポ鶴舞で「スポーツボランティア」テーマのイベント

イベント「スポーツボランティアを楽しもう!」のチラシ

イベント「スポーツボランティアを楽しもう!」のチラシ

  •  

 鶴舞公園(名古屋市昭和区鶴舞1)内の多目的グランウド「テラスポ鶴舞」(TEL 052-745-8545)は7月16日、スポーツボランティアをテーマにしたイベント「スポーツボランティアを楽しもう!」を開催する。

 同施設コミュニティー事業部長の大脇一生さんは「ラグビーワールドカップ(開催=2019年)、東京オリンピック・パラリンピック(同=2020年)、ワールドマスターズゲーム(同=2021年)、アジア競技大会(同=2026年)…と、日本ではこれからさまざまな国際スポーツイベントが控えている。スポーツは一般的に『する、見る、支える』の3つ要素があると言われるが、支えるスポーツを楽しむことも必要」と話す。

[広告]

 同イベント開催の経緯は「日本ではまだ、ボランティアと聞くとタダ働きなどのイメージも強いかと思うが、いろいろな楽しみ方がある中の一つに『選手や大会を支える楽しみ』があり、自発的に参加してもらえることが重要」。イベントでは講演会と救急法講座を開き「スポーツボランティアの意義や楽しさを知ってもらう場にしたい」と話す。

 イベントの前半は、仙台市の各種スポーツ団体や行政とも連携し、数多くのスポーツイベントでボランティア運営を手掛けている「市民スポーツボランティアSV2004」代表理事の泉田和雄さんを講師に迎え、「仙台のスポーツ文化を支えるボランティア活動の広がり」をテーマに講演を行う。「貴重な機会。ボランティアをしたことがある方、興味を持っている方に参加してほしい」と呼び掛ける。開催時間は13時30分~14時30分で、定員は80人。同施設ホームページまたは専用用紙で事前申し込みが必要。6月末の時点で定員を超えることがあれば抽選になる。対象は高校生以上で、参加無料。

 イベント後半は、趣味のプロレスを通じて医療や救急法を身近な存在にするボランティア活動を行う団体「メディカルプロレス」代表の医師・浅井富成さんが仲間とともに「楽しい救急法講座」を開講。プロレスのキャラクターに扮して救急法やAEDの使い方などをレクチャーする。開催時間は14時40分~15時15分。会場はウエストグラウンドで、こちらは申込不要、参加無料。人工芝グラウンドのダメージ防止のため、ハイヒールなどでの入場は禁止。