食べる 見る・遊ぶ

金山でハロウィーンイベント パレードや撮影用お立ち台、スイーツフェスも

「金山ハロウィーン」と同時開催の「スイーツフェスティバル」のチラシ

「金山ハロウィーン」と同時開催の「スイーツフェスティバル」のチラシ

  • 16

  •  

 「金山ハロウィーン」が10月24日・25日、金山総合駅(名古屋市中区金山1)南口広場で開催される。主催は金山商店街振興組合主催。

 昨年の秋には、同じ会場で音楽フェスと各店の焼きそばを味わえる「金山音楽フェス&ヤキソバトル」を開催したが、同組合で企画を担当する横地義信さんによると「今年は新型コロナウイルスの影響で大々的な音楽イベントは難しい」という。そんな中で今回は、縮小した音楽ステージと楽しめる要素としてハロウィーンイベントを企画した。

[広告]

 当日は音楽ライブのほかハロウィーンにちなんだ料理を販売する。仮装して来場することを呼び掛ける。両日19時からはハロウィーンパレードも行い、金山総合駅南口広場から駅構内の連絡橋、商業施設「アスナル金山」を抜け、大津通に出て同広場に戻るルートで練り歩く。仮装していれば誰でも参加できる(参加時にコロナ対策で連絡先などの記入を求める予定)。パレードは参加無料。南口広場には仮装した人の撮影用「お立ち台」も設置する。

 金山総合駅連絡橋で地元の15店舗が出店するスイーツを集めた「スイーツフェスティバル」も同時開催。丸ごとみかん大福、フルーツサンド、熱田神宮詣での土産として親しまれる「きよめ餅」などを販売する。

 横地さんは「ソーシャルディスタンスを保ちながらハロウィーンを楽しんでほしい。ハロウィーン仮装目当てでもスイーツ目当てでも金山駅に遊びに来てほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は金山ハロウィーン=11時~22時(25日は19時まで)、スイーツフェスティバル=10時~19時。