食べる

BINO栄に飛騨牛一頭買いの肉料理店「馬喰一代」 A5等級超え「最飛び牛」提供

「飛騨牛一頭家?馬喰一代 名古屋 栄」で提供する「飛騨牛 雌牛」の単品焼き肉メニュー。肉質がやわらかいため厚切りで提供する

「飛騨牛一頭家?馬喰一代 名古屋 栄」で提供する「飛騨牛 雌牛」の単品焼き肉メニュー。肉質がやわらかいため厚切りで提供する

  • 17

  •  

 一頭買いする飛騨牛を扱う「飛騨牛一頭家 馬喰一代(ばくろいちだい) 名古屋 栄」(TEL 052-963-4129)が11月6日、栄の新複合施設「BINO栄(ビーノサカエ)」(名古屋市中区錦3)5階にオープンした。

栄店限定のランチメニュー「プレミアム馬喰ランチ」

 岐阜、名古屋、銀座に10店舗を展開する「飛騨牛一頭家 馬喰一代」。提供する飛騨牛はA5等級を超えた最高級の「最飛び牛」だという。野菜は岐阜県産を中心に、器は岐阜の伝統産業の美濃焼を使う。

[広告]

 今回の栄店は「飛騨牛一頭家 馬喰一代」で初めて、「飛騨牛 雌牛」の提供店としてオープンした。同社取締役の深尾将大さんによると「雄牛に比べ雌牛は融点が低いため口に入れるととろけるようなやわらかさがある」という。

 栄店限定のランチメニュー「プレミアム馬喰ランチ」(3,500円)は、焼き肉の三種盛り(雌牛)、炭焼き厳選ヒレとイクラ手巻き、厚切り牛タン、飛騨牛ユッケ、自家製豆腐、焼き野菜盛り、デザートなど11品が付く。ローストビーフをのせた「超濃厚最とび飛騨牛カレーランチ」(1,680円)はカレーのほか自家製豆腐、サラダなど6品が付く。

 栄店限定のディナーメニュー「飛騨牛『最飛び』炭火焼き」(1万2,000円、2人からオーダー可)は、焼き肉の極上飛騨牛「最飛び」盛り、炭焼き厳選ヒレとイクラ手巻き、特選飛騨牛刺身盛り合わせ、特選炭火タタキ、極上牛タン自家製ソーセージなど13品が付く。

 全てのランチ、ディナーに付く「お通し」は、飛騨牛の刺し身とスープを入れた器にスモークの球体バブルをのせたものを提供する。ドライ松茸をバブルに落とし、香りと一緒に楽しめる料理という。

 「雌牛の肉質がやわらかいため」(深尾さん)厚切りで提供するメニューを用意。「肉厚 極上ヒレ」(4,300円)、「肉厚極上カルビ」(3,200円)、「肉厚ドライエイジングビーフ」(2,000円)、「肉厚三種食べ比べ」(2,380円、価格は全て税別)。

 焼き肉のほか、しゃぶしゃぶ、すき焼きも提供する。

 店舗面積は約54坪。全室個室の68席を設ける。営業時間は11時30分~23時。