見る・遊ぶ 買う

金山駅南口広場で子どもたち企画の店集まるマルシェ 経済実践体験の場に

「ノビル おやこマルシェ」チラシ画像(画像提供=ノビルスクール)

「ノビル おやこマルシェ」チラシ画像(画像提供=ノビルスクール)

  • 3

  •  

 子どもが主役の店や親子で楽しめる店が集まるイベント「ノビル おやこマルシェ」が4月2日、金山総合駅(名古屋市中区金山1)南口広場で開かれる。

 主催は金山商店街振興組合と、個性を育てることを目的に週に1度開校しているオルタナティブスクール「ノビルスクール」。

[広告]

 当日、出店する18店舗のうち12店舗が親子や同スクールの子どもたちが手掛ける。同スクール代表の水野真理子さんによると企画の背景は、子どもたちから「ものを売りたい」という意見が出たことだという。

 出店や販売商品は、親子や同スクール内で一から相談した。「ほとんどの店が子どもたちが考えた店で、子どもたちが主役で主体的に動いている」と水野さん。

 出店内容は、ゲームやフリーマーケット、アクセサリー、消しゴムはんこグッズ、ネコ雑貨、キーホルダー作り、紙芝居、楽器セッション、塗り絵、古本など。親子で楽しめるワークショップやゲーム、音楽、健康についての学びなど、さまざまな方面で楽しめるラインアップをそろえる。

 物品の代金やサービスの利用料は現金で支払う。「お金はおもちゃのものではなく、本物。金山を舞台としたリアルな経済実践体験の場。店を出すのが初めての方も多く、販売することも初めて。値段の付け方、売れる楽しさなど実体験として学ぶことができる」(同)。

 開催時間は10時~15時30分ごろ。入場無料。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース