見る・遊ぶ

栄のイベント会社が自宅でできる謎解きゲームキット 「探す方・隠す方、本気で」

「おうちで謎解きゲーム 親子で楽しむミステリー」イメージ(画像提供=ハンズプロ)

「おうちで謎解きゲーム 親子で楽しむミステリー」イメージ(画像提供=ハンズプロ)

  • 14

  •  

 自宅で謎解きゲームができるキット「おうちで謎解きゲーム 親子で楽しむミステリー」が4月20日、発売された。

 イベントや販促の企画・開発・運営を手掛ける「ハンズプロ」(名古屋市中区栄2)が開発した。同社ではこれまで遊園地や商業施設向けなどB to B事業として多数の謎解きゲームを独自開発してきたという。新型コロナウイルス対策で外出自粛要請が続く中、自宅内で遊ぶことにマンネリ化している、テレビや動画視聴、ゲームの時間が長くなってしまっているなどの声を受け、経験を基に、初めて家庭向けの謎解きゲームを開発した。

[広告]

 ゲームのストーリーは、家に住んでいて見た人は必ず幸せになれるという「妖精」の居場所を、「3つのカード」を手掛かりに暗号を解き見つけるもの。保護者がキット内の取扱説明書に従って手掛かりや「妖精」を隠す「下準備」を行い、子どもが「謎解きブック」を基に暗号を解き、手掛かりを探し「妖精」を見つけ出すとミッションクリアとなる。

 同社の塩澤つくみ社長は「お子さまの成長に合わせて、下準備を担当する保護者の方には本気で隠していただきたい。パパ・ママVSお子さまのバトルという感じ。お互い本気だととても楽しめると思う」と話す。

 暗号は一度解くとネタバレになるが、手掛かりの隠し場所を変えることで繰り返し遊ぶことができる。「例えば『ポケットの中』であれば、子どもの服やエプロンのポケットなど日常的に目に付きやすいものから、ぬいぐるみの服のポケットにすることで難易度を変えていくなどアレンジできる」と塩澤さん。

 「家族でコミュニケーションを取りながら遊んでいただきたい。私たちが準備するのは『楽しむための道具』で、使い方次第でどれだけでも楽しむことができる。今の子どもたちは小さなときからインターネットで動画を見たり、スマホでゲームをしたりできるエンターテインメントが常に与えられている環境。与えられるエンタメも良いがバランスが大切。与えられるものだけではなく、日々の暮らしの中で自分で作っていけると強い人間になれると考えている」と話す。

 対象年齢は6歳(片仮名、平仮名が読める年齢)以上。所要時間は約60分~。今回、第1弾の初心者コース(8級~10級)を販売。キット1種類につき価格は500円(送料込み)。同社のホームページで販売する。5月下旬までに4級~7級、6月中には1級まで発売予定。