買う 学ぶ・知る

世界コスプレサミット連動のSNS「コスプレイヤーズグローバル」が1周年

SNS「Cosplayers.Global」が1周年

SNS「Cosplayers.Global」が1周年

  •  

 世界コスプレサミット実行委員会に参画している「WSC」がプロデュースするソーシャル・ネットワーキング・サービス「Cosplayers.Global (コスプレイヤーズグローバル)」が4月9日、サービス開始1周年を迎えた。

 「世界コスプレサミット」は、日本の漫画・アニメ・ゲームなどの文化を通じた国際文化交流を目的に、2003年から愛知県で開かれているイベント。国内外から多くのコスプレイヤーが集まり、栄、大須での「コスプレチャンピオンシップ」「コスプレパレード」ほか、蒲郡市のラグーナテンボス、犬山市の博物館明治村など県内各地を会場にさまざまな企画を行っている。

[広告]

 「Cosplayers.Global」は、ポップカルチャーを愛する人がつながることを目指すソーシャル・ネットワーキング・サービスとして2017年4月にサービス開始。オンラインで参加できるコスプレ大会「Cosplayers.Global Cup」の開催や、世界コスプレサミットの各国・地域予選やコスプレイベントの紹介などを行っている。日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・スペイン語など10言語に対応し、200以上の国・地域のユーザーが利用している。

 同サービスでは1周年を記念し、新機能「コスプレショートムービー」を実装。「コスプレショートムービー」は、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮った15秒以内の動画を投稿できる機能。同サービスでは、キャラクターの必殺技や変身ポーズ、作品の名シーンを再現した動画や、映像や音声などのクリエーターによる効果・演出を駆使した動画など、新しいコスプレ表現が生まれることを期待しているという。

 同サービスでは現在、オンラインフォトコンテスト「Cosplayers.Global Cup 4th」を開催中。上位入賞した写真は、8月に名古屋で行われる「世界コスプレサミット2018」の公式サイト、SNS、パンフレットなどに使用され、イベントエンドロール映像にも「公式コスプレモデル」として紹介される。応募は4月29日23時59分(世界標準時)まで。