見る・遊ぶ

栄で映画「サウナのあるところ」公開記念イベント 「ウェルビー」米田さんが登壇

名演小劇場で公開中の映画「サウナのあるところ」(C)2010 Oktober Oy.

名演小劇場で公開中の映画「サウナのあるところ」(C)2010 Oktober Oy.

  •  
  •  

 フィンランド映画「サウナのあるところ」の公開記念イベントが10月12日、栄の映画館「名演小劇場」(名古屋市中区東桜2)で開催される。

 フィンランドは自宅やオフィスのプライベートなサウナから森の湖畔や街なかの公衆サウナまで、日常的にサウナを楽しむ文化を持つ国。同映画は、シャイで寡黙といわれるフィンランドの男たちが、身も心も裸になったサウナの中で心の奥底にしまっていた人生の悩みや苦しみを打ち明け、大切な思いを語り合う姿を撮ったドキュメンタリー。同国では1年以上のロングラン上映を記録し、フィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。

[広告]

 イベントでは、栄、今池、名駅や福岡に展開するサウナ&カプセルホテル「ウェルビー」代表取締役の米田行孝さんが登壇。創業60年を超えるサウナ&スパのパイオニア的存在で、テレビ愛知で放送中のドラマ「サ道」に出演するなど、「サウナ界のゴッドファーザー」の異名を持つ米田さんが、映画の魅力、日本のサウナブームの広がりなどについて語る。

 イベントは19時20分の回上映後。料金は一般=1,800円、シニア=1,200円。定員105人(当日朝10時より当日券販売、整理券交付)。問い合わせ先は名演小劇場(TEL 052-931-1701)。

  • はてなブックマークに追加