食べる

熱中症指数で酸っぱさ変わるレモネード 栄の地下街「セントラルパーク」に限定出店

取材時の熱中症指数は「危険」で「#熱中レモネード」は最大の酸っぱさのレベル5

取材時の熱中症指数は「危険」で「#熱中レモネード」は最大の酸っぱさのレベル5

  • 29

  •  

 熱中症指数により酸っぱさが変わるレモネードを販売する「セントラルパーク×ウェザーニュース×フタバフルーツ #熱中レモネード」が8月11日、栄の地下街「セントラルパーク」(名古屋市中区錦3、通称=センパ)中央通りに期間限定オープンした。

店舗前のボードに掲出する熱中症指数

 11月6日(予定)にリニューアルオープンを控える同地下街のリニューアルプレイベント第1弾として行うもので、熱中症の注意喚起とリニューアルPRが目的。企画の主体は同地下街で、ウェザーニュースと老舗果物店「フタバフルーツ」とタイアップした。

[広告]

 フタバフルーツが同企画のために作った黒糖ジンジャーシロップ入りの「センパオリジナルレモネード」と、「センパオリジナルレモネード」をベースにウェザーニュースが発表する名古屋の熱中症指数に合わせ追加するレモン果汁の量を調整する「#熱中レモネード」を用意する。熱中症指数は店舗前のボードに貼り出す。

 レベル1(熱中症危険度=安心)は「センパオリジナルレモネード」、レベル2~5が「#熱中レモネード」で、レベル2(同=注意)はレモン果汁0.5個分増し、レベル3(同=警戒)は同1個分増し、レベル4(同=厳重警戒)は同1.5個分増し、レベル5(同=危険)は同2個分増しの5段階。時間により熱中症指数が変動するとレベルも変わる。

 価格は500円。売り場横に設置するフォトブースで撮影し、ハッシュタグ「#熱中レモネード」を付けSNSに投稿すると200円引きになる。1日150杯限定。

 セントラルパーク担当者は「熱中症予防に良いとされるビタミンやクエン酸が含まれるレモネード。セントラルパークは地下通路としても使われる。この時期は暑いので涼しい地下街に逃げ込む方も多い。今年はマスクをしているので特に暑いと思う。通り掛かった際に熱中症注意指数を見て参考にしていただければ」と話す。

 営業時間は平日=11時~19時、土曜・日曜=10時~18時(当日分が無くなり次第終了)。今月25日まで。17日は休業。