学ぶ・知る

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ新ユニホームを披露 新サプライヤーに地元企業

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 2020-21シーズンの新ユニホーム発表会

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 2020-21シーズンの新ユニホーム発表会

  • 157

  •  

 Bリーグの「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(以下、名古屋D)」は8月20日、2020-21シーズンの新ユニホームを発表した。

ホームユニホームは赤、アウェーユニホームは白

 新しいオフィシャルサプライヤーは、名古屋に本社を置くスポーツ用品の販売・開発を行う「アルペン」のオリジナルブランド「TIGORA」。アルペンがBリーグのチームとのユニホームサプライヤー契約の締結は初めてで、名古屋Dがユニホームサプライヤーを変更するのは約30年ぶり。

[広告]

 発表会の冒頭、名古屋Dの山下雄樹代表が「ユニホームの提供だけにとどまらず、地域に根ざした経営をするアルペングループ店舗を活用したイベント開催など、スポーツを楽しむ新たな生活様式を共に築き上げていくことで、名古屋Dの企業理念である『名古屋の誇られるシンボルとなる』を実現していきたい」とあいさつ。

 会見に出席したアルペンの水野敦之社長は「創業の地である名古屋で活躍する名古屋Dにユニホームを提供することは大きな意味がある。今回ユニホームは選手の皆さまの意見を取り入れて、試行錯誤しながら完成させた。このユニホームが選手の力となり、新しいシーズンを戦い抜く原動力になってほしい」と思いを明かした。

 キャプテンの張本天傑選手、新加入の狩野祐介選手と齋藤拓実選手を含む日本人選手10人が新たなユニホームに袖を通して登壇。デザインについて、「ユニホームはドルフィンズのブランドを表現する上で重要な存在。ドルフィンズらしさとは『シンプル中にあるかっこよさ』であると定義して今回のデザインを決めた。ユニホームと僕たちのプレーでドルフィンズらしさを作っていきたい」と張本選手が解説。ファン・ブースターに向けて、「ユニホームの『シンプルな中にあるかっこよさ』と、『スピーディーなバスケットの中にある僕たちのかっこよさ』を見てほしい」とメッセージを送った。

 機能面についても、「本当に軽い素材を使っていて、選手としてはプレーに集中できる最高のユニホーム。袖を通した時に、このプロジェクトに携わった皆さんのものづくりへの強い思いを感じた」と絶賛した。

 最高の戦闘着で挑む新シーズンについて、張本選手は「今季のスローガンである『DO, RED. TOGETHER WE WIN』の下、ドルフィンズに関わる全ての皆さまと、より一層、一丸となって、勝利はもちろん、新型コロナ禍の困難に打ち勝ち、名古屋の街に元気を与えていきたい」と意気込みを語った。

 2020-21シーズンの名古屋Dは、10月3日・4日のレバンガ北海道戦(会場はドルフィンズアリーナの予定)で開幕を迎える。