3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

久屋大通公園内にコミック「PEANUTS」コンセプトの「ピーナッツ カフェ」 一部席の予約開始

「PEANUTS Cafe 名古屋」店舗外観イメージ (C) 2020 Peanuts Worldwide LLC

「PEANUTS Cafe 名古屋」店舗外観イメージ (C) 2020 Peanuts Worldwide LLC

  • 15

  •  

 スヌーピーが登場するコミック「PEANUTS」にゆかりのあるアメリカ西海岸をテーマにしたカフェ「PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ) 名古屋」(名古屋市中区丸の内3)が9月18日、久屋大通公園内に開業する「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリパーク)」にオープンする。運営は飲食店運営などを手掛けるポトマック(兵庫県神戸市)。

「『ザ・ペリカンズ』のスライダープレート」イメージ

 同店は「ナチュラルでどこかウィットな遊び心あふれる普段使いの大人なカフェ」(同店広報担当者)だという。現在、東京・中目黒、南町田の「スヌーピーミュージアム」隣、神戸の「ピーナッツ ホテル」内の3店舗を出店。名古屋は4店舗目で中部エリア初出店。

[広告]

 「PEANUTS Cafe名古屋」が出店するレイヤード ヒサヤオオドオリパークは、名古屋テレビ塔周辺のテレビ塔エリアと外堀通りまでの北エリアにできる公園一体型の商業施設。南北約1キロの公園を4つのゾーンに分け、約35店舗が出店する。

 出店場所はアーバンリゾートゾーン。2階建てでテラス席を備え、106席を設ける。

 「お薦め」(同)メニューは、同コミック登場キャラクターで運動神経抜群のペパーミント パティ率いる野球チーム「ザ・ペリカンズ」をモチーフにした「『ザ・ペリカンズ』のスライダープレート」。チャーリー・ブラウンが監督を務める野球チーム「ザ・グースエッグス」をモチーフにした中目黒店の定番メニュー「『ザ・グースエッグス』スライダー」をバージョンアップしたものだという。そのほか、名古屋にちなみ赤みそやあんバターを使うメニューを展開するという。「公園でのんびりと過ごしていそうなスヌーピー」をイメージした「ツートーンレモネード」や、ソフトクリームなどテークアウトメニューも用意する。

 「久屋大通公園内という立地を生かし、PEANUTSが生まれたアメリカの西海岸のライフスタイルのように、居心地の良い空間でリラックスしていただきたい」「PEANUTS Cafe 名古屋を訪れた多くのお客さまに『今日はいい日だった』と感じていただければ」(同)とも。

 今月26日からオンラインで一部の席の予約を開始。「好評を頂いている」(同)。当日予約なしでの利用も可。

 店内にはグッズコーナーも設置する。「FUNCTIONAL×RELAX」がテーマで、自宅での時間が楽しくなるようなアイテムを用意。名古屋限定の食器やアパレルアイテムなどもあるという。グッズはオンラインショップでも販売する。

 営業時間は11時~22時。

Stay at Home