見る・遊ぶ

栄で映画上映とトーク 愛知出身の山下敦弘監督が自作語る

山下敦弘監督の短編映画「ランブラーズ2」。初期の代表作「リアリズムの宿」の主人公たちの17年後を描く

山下敦弘監督の短編映画「ランブラーズ2」。初期の代表作「リアリズムの宿」の主人公たちの17年後を描く

  • 10

  •  

 栄の愛知芸術文化センター(名古屋市東区東桜1)12階アートスペースAで3月21日、映画「ランブラーズ2」の上映会と山下敦弘監督のトークイベントが開催される。

 同イベントは、配信によるアートプロジェクト「AICHI■ONLINE(アイチ・オンライン)」(■は右向きの矢印(上)と左向きの矢印(下)の記号)の関連企画。アイチ・オンラインは、新型コロナウイルス感染拡大により創作活動に影響を受けたアーティストや企画者などに新作の制作を依頼し、ウェブサイトを通じて配信するオンラインアートプロジェクト。文化芸術活動緊急支援金事業、アーティスト等緊急支援事業として愛知県が主催し、2月1日から行われている。作品は主に配信で発表されてきたが、プロジェクト最終日に愛知県出身の山下監督を招き、観客を集めてイベントを行う。

[広告]

 山下監督は半田市出身。「リンダ リンダ リンダ」「松ヶ根乱射事件」「天然コケッコー」などの作品で注目を集めている。「ランブラーズ2」は、半田市や武豊町を舞台に、山下監督の初期の代表作「リアリズムの宿」の主人公たちの17年後を描いた短編映画。俳優だった友人が亡くなり、東京から通夜に参列した監督(山本浩司さん)、脚本家(長塚圭史さん)、俳優(山本剛史さん)が、知らない街で過ごす時間を描く。

 イベントでは映画上映後、山下監督を招いてトークを開催。作品の魅力、山下監督の映画表現について聞く。

 アイチ・オンラインでは現在、「ランブラーズ2」を含む全作品を無料公開中。3月21日まで。

 開始時間は19時。入場無料。申込不要。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース