韓国ドラマ「サムデイ」のロケ地マップ配布-名古屋で撮影

韓国ドラマ「サムデイ」のロケ地マップ

韓国ドラマ「サムデイ」のロケ地マップ

  •  

 名古屋で行われる映画やテレビドラマの撮影を支援する組織「なごや・ロケーション・ナビ」(名古屋市中区栄2、TEL 052-202-1143)は、韓国ドラマ「サムデイ」の日本での放送・DVD発売に合わせ、ロケ地マップを作成し、7月2日より配布を開始した。同組織の運営は、名古屋観光コンベンションビューロー。

 サムデイは、ソウルと名古屋を舞台にしたラブストーリー。ロケ地マップの仕様はA4サイズ両面カラーで、発行部数は3万部。名古屋市内や近郊のロケ地17カ所の情報と、撮影時の写真とともにエピソードや交通アクセスなどを掲載。主な掲載ロケ地は、「オアシス21」(東区東桜1)や「アップルストア名古屋栄店」(中区栄3)、善光寺別院願王寺(西区中小田井1)など。

[広告]

 「ブログなどでサムデイの撮影が名古屋で行われていることが全国的に広まり、コアな韓国ドラマファンからは、郵送を希望する問い合わせもある」(同組織の米本さん)という。また、「名古屋にはTBS系ドラマ『華麗なる一族』のロケ地として知られる名古屋市役所本庁舎など古い建物も多く、オファーの多い人気のある土地」とも(同)。

 映画「ビルと動物園」のロケ地マップも完成しており、「作品ごとにロケ地マップをつくりたいものもあるが、名古屋市全体でマップをつくっていきたい」(同)とも。

 配布場所は、名古屋駅観光案内所、金山観光案内所、オアシス21センター。

なごや・ロケーション・ナビ