天気予報

7

6

みん経トピックス

ブルックスブラザーズ路面店グラスとワインの相性を紹介

名古屋・錦に初の「徳島ラーメン」店-別名「すき焼きラーメン」、生卵も

  • 0
名古屋・錦に初の「徳島ラーメン」店-別名「すき焼きラーメン」、生卵も

「徳島らーめん たかやん」店内の様子

写真を拡大 地図を拡大

 名古屋・錦に11月13日、徳島ご当地ラーメンの専門店「徳島らーめん たかやん」(名古屋市中区錦3、TEL 052-951-9600)がオープンした。名古屋での徳島ラーメン店の出店は初めて。

 店舗面積は約28坪で、カウンター席を含め26席を設けた。厨房では、徳島の有名店「いわた」で修行を積んだ徳島出身の料理長が腕を振るう。

 同店のラーメンは豚骨しょうゆベースのこってり味。自家製の細麺を使用し、「3日間じっくり煮込んだ」甘辛い豚バラ肉とモヤシとネギをトッピングしている。徳島ラーメンは別名「すき焼きラーメン」とも言われており、生卵をトッピングするのも特徴のひとつだという。「生卵をのせるのは徳島ラーメンの文化なので気軽に入れてほしい」と同店担当者。ただし、「生卵が苦手なお客様のために」卵は希望者のみに無料で提供している。

 同店オープンの経緯について、同店担当者は「徳島のラーメンは県外に出ることが少ないが、とてもおいしいのでもっと多くの人に知ってもらいたいと思ったことから出店を決めた」という。「甘辛い豚バラ肉の味など、こってりした味が名古屋の人に口に合うのでは」とも。

 主なメニューは、「徳島らーめん/こってり味」「徳島らーめん/あっさり味」(以上780円)、自家製チャーシューめん(980円)、ギョーザ(350円)、豚バラ肉(200円)、チャーシュー皿(400円)、瓶ビール(500円)など。

 オープンから1カ月がたった現在、徳島ラーメンを初めて口にする利用客の反応は上々だという。「ラーメンは子どもからお年寄りまで気軽に口にすることのできる食べ物なので、幅広い層に楽しんでもらいたい」(同店担当者)。今後は「メニュー面での改良を重ねながら、ゆくゆくは名古屋市内に何店舗か出店したい」と意気込みを見せる。

 営業時間は18時~翌5時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング